小倉優子の恋人母親に「ロシアに引っ越せ」と言う上沼恵美子のお節介の裏

小倉優子

(C)まいじつ

9月2日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、番組MCの上沼恵美子が、ママタレ小倉優子の新恋人の母親に「ロシアに引っ越せ」と提言した。

番組では「懲りない人たち大集合スペシャル」と題し、ブログで一般男性と交際していることを認めた小倉を取り上げた。

小倉は2011年に13歳年上のヘアメークアーティストと結婚して2児をもうけるが、16年に夫の浮気が判明。翌年に離婚している。

今回の新恋人は、お笑いコンビ『NONSTYLE』井上祐介を少し痩せさせ、『フットボールアワー』岩尾望を加えたようなルックスだそう。年齢は小倉より10歳年上の44歳で、バツなしの歯科医だと明かされている。

このニュースに上沼は「良かったね。久々にいい話。相手がいいよね。こんないい人いないって。しかも、開業医」と祝福。

一方で、番組で姑との苦労話をよく語っている上沼だけに、「お母さん、大丈夫なんですか? バツイチの優子さん」と心配する場面も。パネリストが「大丈夫みたいですよ」と声を掛けると、「良かった」と安堵した。

 

「ロシアに引っ越せ」は本気なのか?

また番組では、新恋人の母親が小倉に対して、「息子を父親に育ててあげてください」と語ったというエピソードを紹介。

すると上沼は、「お母さん、頼みますよ。その気持ちを忘れないで」「姑というポジションに立つとクっと変わるから。そこだけは頼みますよ。お母さん、ロシアかどこかに引っ越されたら。遠くの方がいいです。ロシアちょっと遠い、寒いですけど、オススメします」と、くぎを刺していた。

「17年3月放送の同番組で、上沼は姑と暮らした日々を『地獄だった』と振り返っています。赤ちゃんの夜泣きがひどかった時期に、姑は上沼にだけ1階で赤ちゃんと寝ることを命じ、姑と上沼の夫は2階で寝ていたそうです」(芸能記者)

ロシア行きの提案は、ギャグではなく本気なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】