坂上忍が「体操・塚原副会長を擁護」はパワハラ仲間だからという指摘

坂上忍

(C)まいじつ

9月6日に『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)が放送され、MCの坂上忍が日本体操協会の塚原光男副会長への独占インタビューを敢行。体操界では同協会コーチが選手に手を出したとして騒動になっており、番組では暴力行為をめぐるコーチの謝罪会見を受け、当初の番組予定を変更して独占インタビューを放送した。

朝日生命体操クラブを訪れた坂上は、塚原副会長から練習場を案内されると、「おお!」と驚きの声を漏らす。練習場が見通せるガラス張りの部屋に通され、「ここ、(見晴らしが)気持ちいいですね。びっくりしました」と、笑顔を見せながらインタビューに移った。

世間を騒がしていることについて、「ここまでの騒動になるとは思っていなかった」と明かす塚原副会長。選手がコーチから暴力を振るわれていたという報告文書が複数出ていること、暴力を振るう動画が映っていたことに関しては、「われわれ(上層部)がいるところではやっていなかった」と弁明。塚原副会長が直接コーチに態度を正すよう促したとも説明した。

塚原本部長は『体操合宿でパワハラがあった』という指摘についても弁解。「塚原千恵子がいなかったら女子体操界はまとまらない」と言い切り、妻・塚原千恵子女子強化本部長を擁護している。

 

「坂上も子供にパワハラしていた」と指摘

同番組終了後、塚原夫妻を批判する声も数多くあったが、中にはインタビュアーを務めた坂上への批判もあった。Twitterでは坂上を批判する声があった。

《坂上さんが運営している演技とかの塾で子役たちを怒鳴ったり叩いたり机蹴ったりしてるの見てるけど…それはどうなの?》
《養成所で子供を怒鳴り散らしてる坂上忍がパワハラ問題の取材してるのはフジテレビ渾身のギャグなの?》
《そもそも昼(バイキング)も夜も坂上が問題を追及する必要はない》
《片方の意見だけ聞いて報道するのはずるい。塚原ばっかり弁解してるじゃん》

スクールで抱える子供に対して厳しく接することで知られる坂上。暴力問題を坂上に語らせるのはまずかったのではないか。

 

【あわせて読みたい】