工藤静香インスタでトイレ自慢も「シャネルを芳香剤www」と笑われる

歌手の工藤静香が9月2日に更新したインスタグラムで自宅のトイレを公開したところ、ネット上でツッコミが続出した。

工藤は自分の写真とともに、コメントをつけて投稿した。

《メークは洋服によって唇の色を変えるだけで充分楽しめる。公園の写真と違うのは口紅だけよ 紫陽花に蘭の花を挿すと、蝶がとまっているように見える。毎日必ず使うトイレだからこそ、デコレーションを楽しみたい》

と工藤の写真の他にも、工藤が生けたと思われる花でデコレーションされている自宅のトイレ写真が添付されている。

まるで高級ホテルのようなデザインのレストルームに、ファンからは「お花きれい!!」「私も工藤さんみたくお花生けたいです」「お母さんの感性が素敵だとお家の中も素敵ですね」などといった絶賛コメントが寄せられた。

だが、ネット掲示板では散々な評価だ。

《毒々しい! 落ち着かないトイレだな》
《悪趣味…台湾か中国あたりの中華レストランのトイレみたい》
《銀座のクラブのトイレかwww》
《これが自宅!? お店のトイレみたい》
《元ヤンって金持ちになると大概こういうおかしな方向に行くよねwww》

中には、夫・木村拓哉を心配する声もある。

《キムタク疲れないのかな?》
《こんなキモイ家に、キムタクも帰りたくないだろうな》
《完全に自分のセンスで家を埋め尽くしてるね。 キムタクは尻に敷かれてるなー》
《キムタクと別居してそう。じゃなきゃ、こんなの公開しないでしょ》

 

もしかして工藤静香の大いなる勘違い説!

「工藤が今回投稿した写真のヤバさは、トイレだけではありません。生け花をアップで写した写真も投稿しているのですが、その横には『CHANEL(シャネル)』の香水もあったのです。高級ブランドの商品をチラ見せするマウントの取り方に、女性たちからは『性格悪っ!』『シャネルを自慢していてバカみたい』といった声が上がっています」(芸能記者)

しかもネット上では、『シャネル』の香水を芳香剤と工藤が勘違いしてトイレに置いているという指摘も上がっている。

「工藤さんの持っている『シャネル』の香水には、おそらく“toilette”と刻印されているはずです。そのため一見するとトイレ用の商品だと勘違いしてしまうかもしれませんが、“toilette”はフランス語で『お化粧、みだしなみ』という意味なんです」(デパート販売員)

1つの投稿で数々の醜態をさらした工藤。やはりスター性は抜群と言わざるを得ない。

 

吉澤ひとみ「午前7時の泥酔ドライブ」救いようのない言い訳

「母親は40歳」King&Prince・平野紫耀がテレビでウソつく理由

大坂なおみ「日本女子初」の快挙に異を唱える残念な人たちとは