AKB総選挙1位・松井珠理奈「謎の体調不良」から復帰も損失は30億円!?

松井珠理奈

(C)まいじつ

9月6日、体調不良で休養中の『SKE48』松井珠理奈が、愛知・SKE48劇場で、チームS「重ねた足跡」公演 野島樺乃生誕祭の冒頭にサプライズで登壇した。

ステージ上に立ったのは、去る6月16日に愛知・ナゴヤドームで開催されたAKB48世界選抜総選挙以来で、82日ぶり。クリーム色のジャケットを着用した松井は、登場するなり感慨深げに客席を見回し、「やっぱ帰るー!」と第一声を上げた。そして、「泣いてる姿は見せたくなかったよー」と語りながらステージ中央へと歩みを進めると、「樺乃ちゃんの生誕祭なのに出てきてごめんなさい、松井珠理奈です」と挨拶した。

「たくさん、たくさん、たくさんお休みをいただき、本当にすみませんでした。でも、メンバーはお帰りと迎えてくれました」と報告し、「AKB48世界選抜総選挙第1位、本当にありがとうございます」とファンに感謝を述べた。

その後は、「樺乃ちゃん、おめでとう!」とメンバーを祝福し、「では、最後まで楽しんでいってください」と言い残して去っていった。

 

説明なき休養にスタッフもうんざり

「松井は総選挙で1位を獲得した後に体調不良を訴え、6月19日に開催予定の『松井珠理奈生誕祭』を中止しました。7月7日に生放送された『THE MUSIC DAY 2018~伝えたい歌~』(日本テレビ系)も欠席し、選抜メンバーが新曲『センチメンタルトレイン』をセンターの松井抜きで披露するという異例の事態にも発展。松井の体調不良にはさまざまな憶測が上がり、今もなお原因がよく分かっていません」(芸能ライター)

元気な姿を見せたとはいえ、一番の問題は長期療養してグループに大きな損失を出してしまったことだ。

「出てきたが、遅きに失した感は強いですね。松井がいない間、イベントやCDで失った損害は約30億円から35億円と算出できます。もしも松井がいたら新曲ももっと売れていたはずで、スタッフたちは原因不明で休んだ松井にうんざりしていますよ」(芸能関係者)

果たして松井が休養の理由を明かすときは来るのだろうか。説明責任が求められそうだ。

 

【あわせて読みたい】