中居正広『SMAP再集結』画策か!?事務所からの「脱走」を準備中

中居正広 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所の中居正広に対する一部メディアのマークが怪しい動きを見せている。

「いよいよ事務所を“脱走”するのではないかというのです。今後、事務所が滝沢秀明体制になっていく中で、滝沢に最も不要な人間は間違いなく中居。早期に悪い芽を摘み、新体制に持っていきたい。中居も前から『滝沢がオレより偉くなったら、オレは出て行くからよ』と言っていた。今回、いよいよその時期が来たということでしょう」(ジャニーズライター)

滝沢はジャニー喜多川社長の正式な後継者として指名され、すでに所属タレントの営業でテレビ局や広告代理店を回っている状態。今後、ステージなどの演出も手掛けるとされ、一部からは「電撃引退して裏方に専念するのでは?」などの憶測も乱れ飛んでいる。

「いずれ滝沢は中居の営業をする可能性もあるわけですが、大嫌いな中居の売り込みなどするでしょうか。さらに中居の舞台の演出などするでしょうか。2人の不仲ぶりを考えたらあり得ない話です」(同・ライター)

滝沢は中居が独立を画策した際、一部週刊誌を通して「事務所に感謝しないのはアホ」とはげしくののしるほど激怒していた。

「中居は滝沢にそこまで言われたので、出ていく気はあったのです。でも中居はズル賢いので、緊急措置的に力の弱い事務所には行く気がない。だからジャニーズに対抗できる大手が見つかるまでグッとこらえただけ」(女性誌記者)

しかし、現実に滝沢は近藤真彦、東山紀之に次ぐナンバー3に就く以上、時間はない。

 

まずは忘年会から…と画策

「中居はまたロクでもないことを考えたらしく、独立した『新しい地図』の稲垣吾郎に連絡したのです。その内容というは『今年、忘年会やらない?』『去年やってないし』というものなんです。取り急ぎ、中居はジャニーズを出ていく際の受け皿として、稲垣らのところをまずキープしたい。その名目が忘年会。よく考えるものです」(同・記者)

去年は確かに忘年会をやらなかった元『SMAP』のメンバーだが、一昨年は中居の発案により六本木の焼き肉店で開催。宴席から木村拓哉を外し、わざわざ辞めた森且行を呼んで楽しんだことは、一部週刊誌が詳細に報じていた。

「中居と稲垣は昔からパイプがあり、香取慎吾にも何度か連絡を取っている。あとは中居の裏切りを許さない草彅剛をどう切り崩すか。とにかく忘年会を口実に草彅と会って和解をする。それで『新しい地図』を移籍先として、まず確保する。その上で3人には内緒で、自分が活躍できる大手プロを陰で探す算段というわけです」(同)

これが本当なら、いかにも中居らしい発想と言えるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】