放送事故!?『ドッキリ企画』に「マジ切れ」しちゃった芸能人たち

(C)TeodorLazarev / Shutterstock

芸能人などを引っ掛けて笑いを誘う“ドッキリ企画”。ハメられた方は恐怖に怯えることが定番だが、時折頭に血が上り、カメラが回っている前で激高することがある。

2017年7月放送の『人気芸能人にイタズラ!仰天ハプニング77連発』(フジテレビ系)では、的場浩司が激怒。無実の罪で万引犯に間違えられてしまうドッキリを仕掛けられたのだが、的場は動じることなく「やっていない!」と万引Gメンに主張。店のバックヤードに連れていかれる際も、的場は「中に行きますけど、言葉の使い方、間違えてはいけませんよ」と威嚇する。

Gメンが的場の万引きする瞬間を「見た」と訴えると、的場は「これだけは言っときます。見たっていう言葉は覆さんでくださいよ」と切り返した。その後、ニセの警察官が登場して的場を責め立てると、的場はついに「やってないものはやってないんですよ」とブチ切れ。ドッキリだと明かされた際はスタッフをにらみ付けながらも「ふざけんじゃねぇよ、コノヤロー!」と、何とかテレビ用の笑顔を作っていた。

 

「偉いやつ出てこいよ!」スタッフに暴言も…

17年12月放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、アニマル浜口がブチ切れた。芸人たちが“忍術”を駆使してバーベキュー中のアニマルと妻の初枝氏の目の前に突如現れると、初枝氏が予想以上に怯えてしまうことに。

するとアニマルは、「てめえら何やってんだ!」「何を邪魔をするんだ! 俺たち夫婦に!」と激怒し、初枝氏の制止を振り切りながらフライパンを持って芸人たちを追い掛け回していた。その後スタッフが仲裁に入るもアニマルの怒りは収まらず、VTRは異様なものになってしまった。

18年5月放送の同じく『水曜日のダウンタウン』では、お笑いコンビ『マテンロウ』の大トニーがブチ切れ。番組の企画で檻に閉じ込められてしまうと、大トニーは「マジ気持ちわりぃ!」「おい!偉いやつ出てこいよ!」「全然面白くねぇんだよ!」と、スタッフたちに対して暴言を吐いた。

後日、番組のオンエアを見たという大トニーは、映像配信サービス『GYAO!』の番組内で謝罪。ダウンタウンの番組で企画に文句をつけてしまったことに対して、「芸人をやめようと思った」「本当に涙が出てきた」とも話している。

人の本性があらわになるドッキリ。こういうハプニングがあるからこそ面白いのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】