滝沢秀明から今井翼へ「退職金名目」口封じ金1億円!?

滝沢秀明 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

本サイトが1年ほど前に報じた通り『タッキー&翼』の今井翼がジャニーズ事務所を辞めることになった。

相方だった滝沢秀明も芸能界を引退。今後、事務所の裏方として所属タレントの営業や舞台のプロデュースをするという。

「滝沢には笑ってしまいます。今後も芸能界の仕事をするのに引退ってのは、話題作りにしか見えません。要するに“今井クビ”から耳目をそらす魂胆でしょう。滝沢は単にタレント活動をしないだけで、事務所に居続ける。今井を追い出したのは滝沢だとされ、どうしても今井がクローズアップされるので、滝沢も引退という話にしたのでしょう」(ジャニーズライター)

何しろ今後、事務所は“アイドル養成スクール”を設立予定。滝沢は初代の校長に就くという話まである。

「近い将来、事務所の現場は滝沢体制に移行することになる。そうなれば、何よりジャマなのが今井。いつまでも相棒という形で置いておくわけにもいかない。滝沢自らが今井に『辞めてもらうから』と言ったそうです」(同・ライター)

 

中居と行動をともにするか?

2人は9月13日、連名でマスコミ各社にファックスで連絡。滝沢は裏方に回るため引退、今井は病気のために事務所を辞める旨を書面に明記している。

「今井が滝沢と一緒に書面化したということは、“口封じ”の方もうまくできたのでしょう。今後、事務所内であったことを口外しないという念書を取られたといいます。もちろん、それなりの金も用意されたらしく、“口止め料1億円”説も囁かれています」(女性誌記者)

今井は去る3月、メニエール病を再発し、活動休止を発表。以後、仕事の予定はもちろん病状すら伝わっておらず、最近では「このまま追い出し」という見方が確実視されていた。

「不自然なのは、この9月発売の週刊誌が今井のピンピンしている姿を激写。しかも映像まで撮っている。今井には復帰しても事務所に居場所がないということで、説得に時間がかかったといいます。書面では自主的に辞める形になっていますから、“口止め料”の金額の高さがうかがえます」(同・記者)

当然、気になるのは今後の今井の動向だ。

「稲垣吾郎らの『新しい地図』には、即の合流はないと思います。それも念書に入っているでしょう。出身小中学校の先輩である中居正広も独立寸前ですから、おそらく中居と行動をともにすると思いますね。まあ中居は利己主義の塊ですから、唯一の事務所の後輩とされる今井でも切るかもしれませんが…」(同)

やはり次は中居か。がぜん、中居の動きから目が離せなくなってきた。

 

【あわせて読みたい】