「7人、8人は当たり前!」子だくさん過ぎる海外セレブたち

(C)Featureflash Photo Agency / Shutterstock

映画『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズなどで知られるアメリカの俳優エディ・マーフィが、12月に10人目の子どものパパとなることが先日、明らかになった。

エディはオーストラリア人のモデル、ペイジ・バッチャーと交際中で、2016年にペイジとの間に女の子が誕生しており、これが2人目の子どもとなる。

「エディは06年に離婚した元妻でモデルのニコール・ミッチェルとの間に、28歳のブリア、25歳のマイルズ、23歳のシェイン、18歳のゾーラ、16歳のベラという5人の子どもがいる他、ポーレット・マクニーリーとの間に29歳の息子エリック、タマラ・フッドとの間に27歳のクリスチャン、イギリスの女性アイドルグループ『スパイス・ガールズ』のメラニー・ブラウンとの間に、11歳のエンジェルを授かっています」(海外ゴシップに詳しいライター)

 

セレブは繁殖能力も高い?

実は海外の男性セレブには、エディのような子だくさんパパが多い。

「ロックバンド『ローリング・ストーンズ』のミック・ジャガーは73歳だった16年に、アメリカ人のバレエダンサー、メラニー・ハムリックとの間に8人目の子どもをもうけています。ミックには女優マーサ・ハントの間に1人、最初の妻であるビアンカ・ジャガーとの間にも1人、2番目の妻のジェリー・ホールとの間には4人子どもがおり、すでに孫、ひ孫もいます」(同・ライター)

映画監督のクリント・イーストウッドも7人、元プロボクサーのマイク・タイソンは8人、映画監督のケビン・コスナーは7人の子どもがいる。

「ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーには子どもが養子3人、実子3人がいますが、16年9月より離婚に伴う親権争いが勃発し、いまだにもめていて解決の兆しを見せていません」(同)

規格外の繫殖能力を見せている海外セレブたち。優秀な遺伝子がこの世にたくさん残ってナニヨリだ!

 

【画像】

Featureflash Photo Agency / Shutterstock

【あわせて読みたい】