奇跡の楽園か?インディアン『地上絵』の地下に隠された「秘密」とは

カナダ・アルバート州南部の『メディシンハット』には『バッドランズ・ガーディアン』という奇妙な地上絵がある。

こちらはグーグルマップの画像だ。インディアンと思われる彫の深い顔にインディアンがよく好む羽飾りの冠をかぶっており、どう考えても自然に出来たようには思えない。しかしなぜ、こんな地上絵がここに存在するのだろうか?

「メディシンハットは古くから“ガスの町“とも呼ばれ、地下には莫大な量の天然ガスが埋蔵されています。地下水や天然ガスは主に粘土層の中に生成されますので、焼き物の原料となる粘土も水も豊富にあり、ガス火力を利用した陶器作りが昔からとても盛んでした。そして粘土にはもう1つ、おもしろい特性があります」(超常現象ウオッチャー)

「粘土に含まれる微小な鉱石には『リチウム』がとても豊富なのです。リチウムはご存知の通り、スマホの電池や電気自動車のバッテリーとして広く普及していますが、リチウムをイオン化した『水酸化リチウム』には“二酸化炭素を除去する特性“があり、実際に潜水艦や宇宙船内部の“空気浄化“を目的として活用されているのです」(同ウオッチャー)

ふむふむ、ガス田に粘土のリチウムか… ある意味で特殊な土地柄なのは分かったが、どうしてここにインディアン顔の地上絵があるのか? その疑問がぜんぜん解けてないな。なぜだ?

 

宇宙人が作った脅威の地下空間とは?

「ここからは仮説ですが、もしもこの地上絵の下に“失われたインディアンの楽園“があるとすれば如何でしょう? 例えば高度な科学技術を持つ宇宙人は死体や骨が残っていれば死人を生き返らせたり、亜空間航法の応用で時空間を歪ませ、任意の場所に“巨大空間“を瞬時に作り出すことができるそうです。この技術を白人に殺されたインディアンたちの“救済法“として彼らが使ったとしたら…?」(同ウオッチャー)

なんと… つまり数百年前、北アメリカで土地を奪うため白人が組織的に行った「インディアンの大量虐殺」を宇宙人が密かに修正し、彼らの命を救ったというのか?!

なるほど… ここなら地下の天然ガスを利用して規模の大きい火力発電もできるし、地下水や電気照明を利用すれば様々な作物が育ち、同時に光合成で酸素も作れる。さらに水酸化リチウムでガス発電の排気を浄化し、冷却すれば、酸欠や暖房の心配もなしか… これは素晴らしい!

月のルナリアンでも感じたことだが、彼らは「争わず事態を解決すること」を至上命題にしているように思える。もしかすると過去、非業の死を遂げたすべての人々が彼らの手で救済され、このような楽園で「幸せな人生」を全うしたのかも知れない。

 

 

【画像】

Jozef Klopacka / Shutterstock

【あわせて読みたい】