『新潮社』LGBT差別に書店から「不買運動」まで食らった悶絶大ダメージ

新潮45 2018年10月号

『新潮45 2018年10月号』
https://www.shinchosha.co.jp/shincho45/

9月18日に発売された『新潮45』10月号が大きな批判を浴びている。この号では、同誌8月号で自民党の杉田水脈衆院議員が寄稿した「LGBT支援の度が過ぎる」という記事が炎上したことに対して、反論するような内容になっていた。

10月号の記事タイトルは、「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」というもの。新しい歴史教科書を作る会・副会長の藤岡信勝氏や、文芸評論家の小川榮太郎氏など7人の主張が掲載されており、どれも杉田議員の論を擁護、もしくは、杉田議員への批判を「過度なバッシング」だとみなす主張ばかりだった。

杉田議員擁護の論文の中でも、小川榮太郎氏の内容が特にヒドいということで、SNSで炎上騒ぎになっている。その小川氏の主張はこうだ。

《テレビなどで性的嗜好をカミングアウトする云々という話を見る度に苦り切って呟く。「人間ならパンツを穿いておけよ」と。性的嗜好など見せるものでも聞かせるものでもない》

《満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深ろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく》

この小川氏の言動にSNS上では批判の声であふれかえり、数々の著名人も反応。

作家の高橋源一郎氏は《読むんじゃなかった……。小川論文とか、これ、「公衆便所の落書き」じゃん。こんなの読ませるなよ、読んでる方が恥ずかしくなるから!》と苦言。小説家の平野啓一郎氏は、《言葉に尽くせない敬愛の念を抱いている出版社だが、一雑誌とは言え、どうしてあんな低劣な差別に荷担するのか。分からない》と困惑をあらわにした。

この他にも、作家などが『新潮45』を批判し、中には「今後、新潮社の本は買わない」「新潮社からの仕事は受けない」と決意を表明している者もいる。東京の書店、谷中の『ひるねこBOOKS』もツイッターで《熟慮の末、新潮社の新刊については当面仕入れを見合わせることにしました》とコメント。新潮社そのものに対する大バッシングが始まってしまった。

 

新潮社内でも批判が出る

この騒動を受けて、『新潮社出版部文芸』の公式ツイッターでも《良心に背く出版は、殺されてもせぬ事(佐藤義亮)》などと、同社内である『新潮45』を批判するようなツイートをしている。

だが一方で、張本人である小川榮太郎氏は

《論文がネット上で大炎上しているようだ。一節を取り出して「小川が痴漢の触る権利を保障すべきだと主張している、頭は大丈夫か」と騒いでいるらしい。私の文章をそう読める人達の頭が大丈夫でないことだけは確かだが、私の頭については今日はまだ酒が足りないので大丈夫かどうか判断付かない。多数決で決めたらいいんじゃない(笑) 何人寄っても馬鹿は馬鹿。何時に酔っても酔漢は酔漢》

と、まったく意に介していない様子。

ひとつの記事から、会社全体の問題となってしまった新潮社。社内でも意見が真っ二つなようで、今後の対応が注目される。

 

【画像】

tommaso lizzul / Shutterstock

【あわせて読みたい】