4932年からの『タイムトラベラー』が明かした「アメリカ大統領」の暗殺

ドナルド・トランプ第45代アメリカ大統領は、ツイッターで政策の重大発表をするなど、これまでの国際政治の常識をくつがえす手法で、世界に影響を与えている。そんな中、アメリカのオカルトマニアの間で話題になっているのが新たなタイムトラベラーの発言だ。

完全匿名のタイムトラベラーの男性が9月下旬、「アメリカの第56代大統領が9月12日、この世に誕生した。最も世界に影響を及ぼす人間になるが、暗殺される運命にある。彼はジェイヌー・オリバー・ベックと名付けられた」とユーチューブのオカルト陰謀論のチャンネル『Apex TV』で明かした。

男性は4932年から現代にタイムトラベルしてきたという。

「ベック大統領は2082年11月3日にアメリカ大統領選挙に勝利し、大統領になる。2084年7月11日に暗殺されるまで2年間、大統領を務める。短期間ながら、哲学者として人類史上もっとも影響力のある人間となる。50世紀の歴史書によると、ベック大統領は死の直前、『哲学的思考によって、神の存在を全人類に証明した』」と同男性。

 

ジェイヌー・オリバー・ベックを探せ!

アメリカのオカルトマニアたちは9月12日にアメリカで誕生した男の子、さらにジェイヌー・オリバー・ベックという名前をデータベースの検索などで調査したが、該当する赤ちゃんは見つかっていないという。

しかし、オカルト関係者は「未来では法律が変わって、外国籍でもアメリカ大統領になれるのかもしれませんから、ベックがアメリカ国内で生まれたとは限りません。また、アメリカ生まれだとしても、戸籍のデータベースに登録され、オンライン検索できるようになるには、まだ数カ月時間がかかるのかもしれませんし」と指摘している。

一方、Apex TV関係者は「動画公開後、リンダ・ジェニファーという病院関係者から『うちの病院で9月12日に男の子が生まれた。親はジェイヌー・オリバーと名付けていた』という情報が寄せられました。ただ、どこの病院かを教えてくれないので、調査中です」と明かす。

もしタイムトラベラーの言うことが本当だとすれば、現代人のわれわれに暗殺犯を教えてくれれば、暗殺を防げる。しかし、タイムトラベラーの規則としては、時間軸を変えることはご法度なのだろうか。それよりも、ベック大統領による神の存在の証明に非常に興味が湧くが、それも時間軸に触れるので明かせないようだ。

 

【あわせて読みたい】