『ナマKōki,』初登場にファン幻滅…「ただの2世」「オーラなし」「スター性ゼロ」

(C)Creative Lab / Shutterstock

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,(コウキ)が、9月27日に開かれた世界的ファッションブランド『シャネル』のイベントに出席。今年5月にモデルデビューして以来、初めて公の場に姿を現した。

今まで公開された動画などではクールなイメージのあったKōki,。しかし、今回のイベントでは「まさか自分が、シャネルのビューティーアンバサダーをさせていただけるなんて、ほんとに夢にも思わなかったので、うれしかったです」などと、15歳の少女らしい率直なコメントを述べた。

さらに好きな香りについて聞かれると、「今すごい好きな香りが2つあります。まず1つ目は『ガブリエル』です。『ガブリエル』はピュアな香りがして、4つの白いお花でできているので、お昼間につけるのがとでも好きです。2つ目は『アリュール』という香りです。『アリュール』はとても女性らしい香りがして、柔らかいバラの匂いと甘いジャスミンの香りがするので、お仕事のときや、ドレスアップをしたときにつけるのが好きです」と、用意してきた作文を読むかのように答えた。

ちなみに「昼間」を「お昼間」と言ったのは、何かの間違いではない。

さて、ついに登場した“生Kōki,”だが、ネット上では、

《普通の女の子って感じ。しゃべり方がちょっとバカっぽくてイメージと全然違う》
《加工なしだと全然オーラないな》
《静止画の方がかわいかったな。加工ありきみたいだね》
《歯が大きいのはお母さん譲りなのかな。町で見掛けたかわいい子って感じでスター性はない》

などといったガッカリする声が上がっている。

 

工藤静香が先走ったか

「Kōki,のデビューは衝撃的なものでした。いきなりファッション誌の表紙を、キムタクによく似た少女が飾ったのですから。その後もインスタグラムなどだけの露出が続き、マスコミの前に姿を現さなかったことで神秘性が激増。最高のプロデュースで一気に価値を高めましたね」(芸能関係者)

しかしKōki,は、わずか4カ月程度で公の場に姿を現してしまった。

「モデルだけをやるのであれば、公の舞台に出なかった方が絶対にいいでしょう。一気に神秘性が失われ、もはやKōki,はただの2世タレントにしか見えません。一説には、母の工藤静香が先走り、Kōki,をすぐに公の場に出したそうです。工藤はKōki,とセットで出演し、自分も目立とうと考えているらしいですよ」(同・関係者)

最高のデビューが4カ月で台無しになったKōki,。ここからは、自分の力で這い上がるしかない。

 

【あわせて読みたい】