『Mr.サンデー』台風中継に「ホント?」とツッコミ続出した違和感とは

宮根誠司 

(C)まいじつ

9月30日に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)で、同日に列島を縦断した台風24号に関する特集が放送された。視聴者は同番組が放送した現地取材の手法を批判。怒りの矛先を司会の宮根誠司に向けていた。

番組では台風21号が直撃し、甚大な被害を出した関西地方の被害状況を紹介しつつ、普段はスタジオで宮根とコンビを組む椿原慶子アナウンサーが新宿駅南口からリポート。「10分ほど前から粒の大きな雨がパラパラと降り始めた」と報告した。椿原アナウンサーは顔をしかめ、よろけながら「風は(午後)9時過ぎから非常に強い風が吹いてきました」「体を持っていかれるような突風がたまに吹く」などとレポート。周囲の自転車が倒れている様子を映しながら、台風の強さを表現していた。

 

「体を持っていかれそうな突風」なのに通行人は…

しかし、「体を持っていかれるような…」と椿原アナウンサーが口にした直後、一般男性が携帯電話を手に持ちながら椿原アナウンサーの言う「風」の吹く方向に元気よく歩いている様子が映し出された。

宮根は「気を付けて取材を続けてください」と呼びかけたが、これに視聴者は困惑。番組が放送された午後10時〜同11時台、台風は西日本を縦断している段階で、東日本には大きな被害は生じていないと視聴者は指摘。

《『体を持っていかれそうな風が吹いています』その後ろを人が普通に歩いてた》
《通行人は誰も風に煽られてないのに、なぜ台風で自転車が倒れた?》
《今の東京の台風中継、そよ風じゃん。わざとらしい演技はやめればいいのに》

など、取材班の報告に違和感を持ったようだった。また、台風中継を女子アナにさせたことにも批判が。

《本来、お台場のスタジオにいるはずの彼女を中継に出すって、他はいないの?》
《新宿駅前からの台風中継を女性の椿原さんにさせるの。宮根が行け》
《女性局アナをこの時間に台風中継に出すん?大丈夫なの?》
《椿原アナがわざわざ台風中継に出る意味はない。宮根が行けばいい》

宮根への批判は止まることなく、台風と同様「大荒れ」となった。

 

【あわせて読みたい】