吉岡里帆に『NON STYLE』井上が酷いセクハラ!?でツイッター大炎上

吉岡里帆 

(C)まいじつ

9月30日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に女優の吉岡里帆が出演。番組で吉岡に背後から抱きついたお笑いコンビ『NON STYLE』の井上裕介に関し、SNSで「セクハラだ」などの声が上がり、炎上した。

吉岡が「会いたい人」として『フルーツポンチ』の村上健志を挙げると、スタジオには村上、井上、『トレンディエンジェル』の斎藤司、狩野英孝の4人が登場した。吉岡は「格好つける芸人が好き」と明かしていたこともあって、4人の登場に大喜びする。

 

NON STYLE井上「愛してるよ」と後ろからハグ

芸人の4人は吉岡にしてあげたいことを聞かれ、一様に吉岡を「癒やしてあげたい」と語り、それぞれが吉岡との2人芝居に挑戦した。椅子に座る吉岡の背後に立った井上は「里帆」と話しかけながら吉岡の両肩に手をかけ、「愛してるよ」と耳元でささやきながら後ろから抱きしめた。

吉岡は「ギャー!」と叫び、井上から離れて「やめて!」「怖い!」と連呼。直後、徳島えりかアナウンサーが顔を押さえながら苦笑いする姿が映し出された。

ツイッターでは井上の行為に対して、

《なんで吉岡里帆に抱きついたの?芸能人ならなにしても許されるの?あれはセクハラだよ。本人マジで嫌がってたよ》
《NONSTYLE井上に殺意を覚えた》
《何も笑いを提供せず、人に不快感しか与えず、芸人として最低。セクハラまでして人間としても最低》
《抱きつくなよ。吉岡里帆ちゃんがかわいそう》
《ふざけんな。代われ、私がバックハグする》
《面白くとも何ともない。不快感しか残らなかったな》

など、「セクハラだ」と批判する声が相次いだ

吉岡ファンとみられるネットユーザーからの批判は井上自身のツイッターや、『NON STYLE』でコンビを組む石田明にまで波及。この日のツイッターは井上への批判で大荒れとなった。芸人らしいお約束ネタとはいえ、女優に抱きついた代償は高くついたようだ。

【あわせて読みたい】