滝沢秀明が『文春』ではなく『新潮』を選んだ意味深な理由とは

画/彩賀ゆう

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、今後『週刊新潮』と“懇意”にすることが明白になった。同誌10月4日号では5ページにわたって滝沢の単独インタビューを掲載。その傾倒ぶりを示した。

「『週刊新潮』といえば『週刊文春』と出てくるほど、週刊誌界のシンボル的存在でありライバル誌同士。滝沢は、これまで文春の取材に応じることが多く、接近するなら文春とみられていた。しかし今回、新潮に寄ったのは意外でした。文春と決別したのかもしれません」(芸能ライター)

滝沢と文春の蜜月を感じさせたあまりにも有名な事件もある。『SMAP』のメンバーが独立を企てた際、「事務所に感謝しないのはアホ」と、首謀者であった中居正広を文春誌面を通して非難したことだ。

「文春が滝沢と懇意なら、新潮は中居と懇意にしていた。一昨年、中居が稲垣吾郎らと六本木で焼き肉忘年会をやった際に、木村拓哉を呼ばずの“キムハブ忘年会”を詳しく報じたのが新潮です。入店の服装から、木村抜きで部屋で楽しんでいる様子まで書かれました。中居は木村イジメのためにリークしたといいます。それぐらい中居と新潮は“親しい関係”でした」(ジャニーズライター)

滝沢と中居は事務所内で最も関係が悪く、犬猿の仲で知られる。そんな“中居色”の強い新潮に滝沢が出るのは意味深だ。

 

新潮への“乗り換え”が意味するものは…

「中居を追放する意思表示を明確にしたのでしょう。中居のテリトリーである新潮に登場し、『お前の居場所はない』と中居に通告したようなもの。新潮はつい最近、中居の事務所残留というズルさについて『カメレオン中居』という見事な表現で攻撃したこともあり、中居との関係は終わっていたのかもしれません」(同・ライター)

それにしても新潮のインタビューは露骨だ。中居との不仲について触れ、滝沢は「本当に……いい関係なんです」と語るのみ。

「滝沢は中居の質問に目が吊り上がったといいます。『そんな分かっていること聞かないで』といった様子だったそうです。まあ、聞かれて“仲が悪いです”なんて言うはずありませんし」(『週刊新潮』関係者)

ジャニー喜多川社長からの後継者指名は、言うに及ばず滝沢の“先見の明”が優れていることも意味する。これまでジャニーズ寄りというイメージがあった文春から新潮への乗り換えは、今後大きな変化をもたらすかもしれない。

 

【あわせて読みたい】