『NEWS ZERO』有働アナ「しどろもどろ」の初登板にハラハラ!?

(C)まいじつ

リニューアルされた『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に10月1日、元NHKアナウンサーの有働由美子が初登板した。終始緊張した面持ちでときおり言葉を詰まらせる場面が見受けられた。

村尾信尚氏が司会を務めていた同番組のスタジオやテロップは、長い間「緑」を基調としていたが、番組冒頭、有働は白い背景の中で立ち「はじめまして、有働由美子と申します」と自己紹介。「ノーベル賞日本人受賞という、驚くようなニュースが入ってきました。本庶佑先生、おめでとうございます」と頭を下げた。

 

有働由美子、冒頭に突然しどろもどろに

ここまでは普通の進行だったが、「こんな日にこの『NEWS ZERO』を始めることができて…わたくしが始めることができて…ありがとう…は変だな」と急にしどろもどろに。「世の中いろいろ動いていて、どういう価値観でニュースを見ればいいか正直自信がない」と不安げな表情を浮かべた。「みなさんのニュースに対する考えを送ってほしい」「ニュースのその先を一緒に考えてください」と、ときおり「言い間違い」はあったものの、無事冒頭のあいさつを終えた。

月曜日レギュラーを務める『嵐』の櫻井翔が隣に現れ、「CMにソワソワしすぎ」とダメ出しすると、スタッフからは笑いが起こった。「(CMが明けてから)どう受けるんだろう…と」と有働は応じ、和やかな雰囲気に包まれながら番組は進行していった。

有働の民放レギュラー初出演に視聴者は大きな関心を寄せていた。

《大ベテランの有働さんでもこんなにガチガチに緊張するんだ。ちょっと勇気もらった》
《緊張する有働さんもまたかわいい》

と、緊張した様子の有働を励ます声があった。しかし一方で、

《完全な準備不足。CM入り、明けのタイミングが重要なことは想像が付ついたはず。NHKの1時間と民放の1時間は違う》
《ひどすぎた。本当に何年もテレビの世界でやってきたのかと疑うレベル》
《ZEROでは緊張、夜更かしでは疲れのせいって思えなくもない。だが、もう少し頭の回転早くしないと見てるこっちがハラハラする》

と批判する声も。有働の進行ぶりに賛否両論が沸き起こった。

すぐに慣れていくだろうが、この状態がずっと続くようでは少し心配かもしれない。

 

【あわせて読みたい】