『King&Prince』仙台ライブは「もう一生ない!?」トラブル発生

(C)Skreidzeleu / Shutterstock

8月~9月にかけて行われた全国ツアーが各地で大成功を収め、デビューコンサートから人気を不動のものにしているジャニーズの新人“キンプリ”こと『King&Prince』。ファンからは早くもセカンドコンサートの開催が望まれているが、ある“ジンクス”が地方のファンを悩ませている。

9月22日、同日の仙台公演をもって全国ツアーを終えたメンバーは、仙台駅から新幹線で帰京。しかし、このウワサを聞きつけたファンはメンバーをひと目見ようとホームに殺到し、当該新幹線の発車が6分遅延する事態を招いてしまった。

ホームがパニックに陥る動画は、SNSで拡散されて多くのユーザーが目にすることに。さらにフジテレビの『めざましテレビ』では、メンバー自身が車内の駅員に謝罪したことを証言付きで報じた。

事態を重く見たジャニーズ事務所は、公式サイトで「今後の公演開催に影響を及ぼす可能性がある」として「タレントへのつきまとい、周囲への迷惑行為」を禁止する声明文を発表。また違反者には“ファンクラブ資格剥奪”を含めた厳しい措置を取ることも併記している。

 

トラブルを起こした土地では開催できない?

些細な好奇心が大変な結果を招いてしまった今回の騒動。ファンの間では先輩グループも経験した“過去の例”を引き合いに、「キンプリの仙台公演は二度とないのでは?」という憶測が飛び交っている。実はジャニーズアイドルは、迷惑騒動が起こった地方都市に訪れなくなるといわれているのだ。

「まだ『嵐』に今ほどの人気がなかった2006年。全国ツアーの長野公演を行った帰りの新幹線で、偶然メンバーと遭遇したファンがいたのです。するとそのファンたちは写真を撮るなどして舞い上がり、他の乗客の迷惑になってしまいました。同騒動以降『嵐』はしばらく長野でライブを行わず、ようやく開催されたのは10年後の2016年でした」(ジャニーズライター)

他にもジャニーズグループと「地方都市」にまつわるウワサ話は多い。

「名古屋でのライブを、ジャニーズが敬遠しているというのも、ファンの間では有名ですね。『KinKi Kids』は特に名古屋を避けており、16年のライブで、堂本光一が『KinKi Kidsで名古屋に来たのはどれくらいぶりでしょうか。分からないぶりです』と自虐していましたよ」(ジャニーズファン)

現在多くのファンを抱える嵐のライブは、5大ドームなど巨大な施設で行うことがほとんど。長野には大観衆を収容できる会場がないとはいえ、10年も空白があると確かに「騒動が影響したのかも…」と思ってしまうかもしれない。

もしキンプリのセカンドツアーで仙台が外れていたら、今後10年は来ないことを覚悟した方がよさそうだ。

 

【あわせて読みたい】