モラハラすぎ!魔裟斗の家庭で「暴君&ワガママ」に非難が殺到

(C)Lolostock / Shutterstock

10月2日に放送された『明日は我がミーティング』(TBS系)に、元K-1ファイターの魔裟斗が出演。妻・矢沢心から亭主関白な家庭での振る舞いを暴露され、SNSでは魔裟斗に批判が集まっている。

番組では魔裟斗家の様子をVTRで紹介。朝6時台、矢沢が番組用にビデオカメラを回し、朝食を撮影し始める。すると魔裟斗が「もういいですかー?」と声をかけ、大音量でヒップホップ音楽を流し出した。どの部屋にいても音楽が響き渡るため、魔裟斗からの呼びかけが聞こえず矢沢が「ん?」と聞き返すと、魔裟斗は「耳鼻科に行ってきたら?」と苛立ちながら言い放ったそうだ。

魔裟斗は朝からヒップホップを流す理由について「朝食を食べた後にベンチプレスを140キロ上げる。穏やかな気持ちではいられない。テンションを上げた方がいい」と説明。これに共演していた高嶋ちさ子は、「魔裟斗さんも耳鼻科に行った方がいい」と痛烈なダメ出しを食らわせた。

 

魔裟斗、ギャル曽根と言い争い?

他にも、魔裟斗は夜8時には就寝するというが、夜中に目を覚まして矢沢や子供たちに話しかけ、起こそうとしてくるという。起きなければテレビのボリュームを徐々に上げて強引に起こしてくるらしく、スタジオでは共演者たちがドン引き。

この日は矢沢と親交があるというギャル曽根が、「(魔裟斗のご飯を作るために)ママ会を開いていても矢沢はすぐに帰る」と魔裟斗に不満を漏らし、2人が口論寸前にまで至る場面も。高嶋は「人間の小さい男」と魔裟斗を断罪していた。

魔裟斗は共演する女性陣から批判を浴びても折れることはなかったが、視聴者は怒りが止まらなかった様子だ。ツイッターには

《亭主関白すぎて奥さんかわいそう。屁理屈言いすぎだ》
《もはやモラハラじゃない?? 自分の立場が常に上でないとダメなんでしょ。いずれDVとかしそう。怖い》
《奥さん、よく12年も一緒にいるなあ》
《自己中すぎる。奥さんに甘えすぎでしょ。それであの威圧感は恐怖だね》

など魔裟斗を批判する声が多く聞かれた。

かつては敵なしのファイターだったが、世の女性は味方につけることはできなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】