岡田准一の主演映画『散り椿』が大コケ!結婚でファンが大量離脱?

画/彩賀ゆう

9月28日、『V6』岡田准一の主演映画『散り椿』が全国342スクリーンで公開された。岡田の結婚後初となる作品に多くの注目が集まっていたが、出だしでつまずいて“大爆死”を遂げそうな状態になっている。

江戸時代が舞台の同映画は、直木賞作家・葉室麟氏の同名小説を実写化したもの。岡田が演じるのはかつて一刀流道場四天王の1人と謳われた瓜生新兵衛で、西島秀俊、麻生久美子、芳根京子といった話題の役者たちが脇を固める。

岡田といえばジャニーズきってのムービースターで、2013年に主演した『永遠の0』は公開2日間で観客動員42万人以上、興行収入5億4,200万円を記録。最終的に観客動員数700万人、累計興行収入86億円を突破し、歴代の邦画実写映画で第6位に輝く空前の大ヒットを収めた。17年8月公開の主演映画『関ヶ原』も興収24.0億円と、安定してヒットを飛ばしている。

しかし今回の『散り椿』は、土日の2日間で動員9万2,000人、興行収入1億800万円という低調な成績。「このペースでいくと、最終的な興行収入は5~6億円。まぎれもなく大コケですね…」と、映画関係者は語る。

 

とにかく地味で華がない作品

実際に鑑賞した客からは

《岡田の刹陣がすげぇ》
《本当に深い愛に溢れた素敵な内容だった》
《岡田くんの刀さばきは相変わらずすごいねぇ》
《固唾を飲んで見入ってしまった》

などの声が上がっており、内容自体の評価は必ずしも悪くないよう。では、今回の作品はなぜここまでつまずいてしまったのだろうか。

「宮崎あおいとの結婚を指摘する声も上がっていますが、既に岡田をアイドル視するファンはひと握りなので、影響は限定的と見ていいでしょう。それより同作はストーリー自体が面白くても、キャッチーで人を惹きつける “華”がとにかくないんです。映画ポスターは岡田が暗い顔を浮かべているだけで魅力に欠けますし、原作者・葉室麟氏のネームバリューも『永遠の0』の百田尚樹氏、『関ヶ原』の司馬遼太郎氏に比べると見劣りします。そしてなんと言っても不運だったのは、土日で列島を縦断した『台風24号』の存在。特に30日は早々に運休を取り止める鉄道会社も多く、配給会社にとっては思わぬ大打撃となりました」(映画関係者)

タイトルの通り、このまま“散る”結果に終わってしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】