『男顔』ランキングの“美人”女優たち「ああ納得」の理由とは

(C)まいじつ

芸能サイトでまたまたユニークなランキングを見つけた。『“男顔”女優』ランクだ。内容はタイトル通り、男顔をした女優を挙げて順位付けするというもの。これが「的を射ている」と評判だ。

「名前が出ている女優は、みんなそうそうたる美人ばかり。とはいえ、キレイさは認めつつも『男顔なのがイマイチだ』というランキングなわけですから、名前の出ている本人たちはどう思っているのでしょう。まあ、本当に美人女優だからこそできる企画なのでしょうけど」(ネットライター)

大まかなランク付けだが、トップ3は天海祐希、松下奈緒、山本美月の3人が挙がっていた。

「天海はもともと宝塚の男役のトップスター。芸能界に転身したときから顔の美しさと男っぽさは有名でしたね。松下は典型的な美女顔なのですが、174センチと背がとても高いので、そういった印象を持たれるのでしょう」(同・ライター)

3人の中で、よくネット論争になるのが山本だ。すでに本サイトでは山本の“男顔”について、たびたび取り上げている。女優なのに「“男前”で格好いい」という妙な評価も得ている。

「美月は美人というよりカワイイという声が非常に多い。昨年、映画『ピーチガール』にJK役で出演。8つ年下の永野芽郁よりJKっぽいといわれましたが、それは“ボーイズ系のかわいさ”という評判でした」(アイドルライター)

 

男顔でも基本は“美人”

ランキングの4位以下は、柴咲コウ、大政絢、『NMB48』からの卒業を発表した山本彩、『SKE48』の松井珠理奈あたりが続いた。

「柴咲は間近で見ると飛びっきりの美人です。フジテレビドラマ『信長協奏曲』で、織田信長の美人正室・濃姫を演じて話題になったことがありますが、役柄でも男っぽい。昔はヤンキー顔ともいわれました。大政は顔の各パーツが大きく、特に目力がスゴイ。さや姉(山本彩)は頬骨が高くて特徴的な顔。珠理奈は顔が大きくて、まさに男顔でしょう」(同・ライター)

さらに出ていた名前は、黒木メイサ、ホラン千秋、菜々緒、土屋太鳳などだ。

「メイサは男顔というより顔が濃過ぎて、残念ながら男性誌では全然人気がない。ホランは真っ黒髪で眉毛も太い。前は刈り上げショートでしたから、まさに少年そのもの。菜々緒は役柄のせいもありますが、顔がちょっとコワ過ぎます。土屋は男顔というより“男体型”。首が太く肩幅もあり、そこが“男っぽい”」(同)

いずれにせよ、みんな人気の美人女優ばかりだ。

 

【あわせて読みたい】