『おぎやはぎ』一般女性を傷つける“ドッキリ企画”が「ただのイジメ」と大炎上

おぎやはぎ

(C)まいじつ

10月1日の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で、「ブスがガチで合コンしちゃいました」という、いかにもブスをさげすんだ企画が配信された。

出演者の女性にドッキリを仕掛けたのだが、案の定、ネットでは「さすがにひど過ぎる」「胸クソ悪過ぎるわ」「女をバカにするな!」などと大批判が巻き起こっている。

同番組は『世の中に「ブス」のホンネをお届け』するがコンセプトのバラエティー番組。毎回一般人も含めたさまざまな“ブス”が出演し、ネット特有の過激な発言が飛び出すことで話題を集めている。

今回、番組は出演者に内緒で合コンをセッティングし、一部始終を隠しカメラで撮影。“ブス合コンの実態”と称して、ターゲットとなった“ブス女性”3人の行動を観察していった。

番組が仕込んだタイプが異なる3人のイケメンを見て、ターゲットの“ブス”たちはドッキリだと知らずにテンションがアップ。自己紹介の後は好きなプレイなどの下ネタで盛り上がり、合コンはいい雰囲気で幕を閉じようとする。

 

思わず泣きそうになるほどのドッキリ

ここで番組は「ブスは誘われたらどこまで付いて行く?」という検証を実行。仕掛け人のイケメンを使い、“ブス”の1人を「飲み直しませんか?」と2人きりのデートへ誘い出した。居酒屋でいいムードになると、イケメンは「自分で悪いと思ってるだけ」「僕はいいと思ってます」と畳み掛けていく。そして最後に自宅に誘った結果、“ブス”は快諾。ここで番組がネタばらしに入った。

すると“ブス”は「だと思った!」と笑みを浮かべたが、直後に「なんか泣きそう…」「本当ヒドいですね…」と今にも泣き出しそうになってしまった。そこへ仕掛け人のイケメンが「(アリかナシかで言えば)ナシっすね」と追い打ちをかける。これにはMCの『おぎやはぎ』矢作兼も「心が痛いねー…」と複雑そうな表情を浮かべていた。

同企画はすぐに物議を醸し、配信後のツイッターには、

《やっていいことと悪いことがある》
《人を傷つけるドッキリは何も面白くない》
《罰ゲーム告白と似たような感じ。こんなのただのイジメだよ》
《なんか学生時代のイジメを思い出した。最低最悪の企画だね》
《酷すぎて笑えない、よく企画OK通ったな》
《こんなのトラウマになるよ。あり得ないんけど》
《この番組はブスたちが自虐するから面白いんでしょ。イジメたらダメ》

などといった意見が続出。普段、番組を視聴している人たちも、今回の企画には耐えきれなかったようだ。

ネットならではの過激さをウリにしてきた同番組だが、今後もこの方針を貫くのだろうか。

 

【あわせて読みたい】