中居正広「ついに稲垣陥落」?なりふり構わずで忘年会の準備着々と

稲垣吾郎  中居正広 

画/彩賀ゆう

ジャニーズ事務所の中居正広が、なりふり構わず『新しい地図』の稲垣吾郎に接近を図っているという。

「中居が以前、懇意にしていたという『週刊新潮』は、完全に中居を見捨てました。その証拠に事務所の次期総帥候補である滝沢秀明への単独インタビューを行い、中居との不仲説まで聞く始末。滝沢は嫌な顔をしながら『仲いいです』と答えたものの、中居が陰で暴露を繰り返していた新潮に対し、今後、滝沢は友好関係を約束。中居は新潮を失い、完全に進退きわまりました」(ジャニーズライター)

滝沢は、新潮のライバル誌『週刊文春』にたびたび登場。同誌にはメリー副社長も登場し、“反中居週刊誌”で知られていた。しかし、新潮にまで滝沢が乗り込んできたということは、“中居追放”は目前。

「やはり新潮、文春の影響力は違う。中居は、その両手をもぎ取られた。だから今、事務所移籍に水面下で必死なんです。仲間だった稲垣へのアプローチは連日だといいます」(ジャニーズライター)

かつて稲垣は、中居と木村拓哉とのパイプ役として知られ、一緒に辞めた草彅剛、香取慎吾より中居は稲垣と仲がいい。

「事務所内で居場所がない中居は、稲垣に助けてもらおうという下心がある。ただし中居の本心は、まだ先が見えない『新しい地図』よりジャニーズに対抗できる大手に行きたい。でも中居の裏切り残留を見た芸能プロ各社は、どこも興味を示していない。中居は稲垣を頼るしかない状態です」(同・ライター)

 

忘年会に誕生会、気苦労が多い稲垣メンバー

本サイトはどこよりも早く、中居が稲垣に忘年会を持ち掛けていることを報じている

「中居は、すでに稲垣と香取に会って裏切りの詫びをしています。唯一、会っていないのは中居を許していない草彅だけ。そこでズル賢い中居は、昨年やっていない忘年会を名目に草彅と和解したいと、稲垣に懇願しているのです」(芸能プロ関係者)

しかし、滝沢の急激な出世で、中居ものんびりとしてはいられない状況だ。

「本当に中居は悪知恵のカタマリで、12月8日は稲垣の誕生日なんです。だから中居は忘年会の前に稲垣の誕生会もやろうと言いだした。そこに年内でジャニーズをクビになる今井翼を呼ぼうと提案しているのです。クビの今井がやって来るとなれば、心優しい草彅が拒絶するとは思えない。忘年会には森且行をまた呼ぼうと考えているそうですから、やはり中居という人間はトコトン信用できません」(同・関係者)

滝沢の中居追放は当然の成り行きかもしれない。

 

【あわせて読みたい】