清原被告の裁判終了後に摘発を狙われている「次の大物」の名前

「あまり具体的に言えませんが、大物芸能関係者X氏です。かつて、芸能人や著名人らと、薬物パーティーを複数回にわたって開いていたとの情報が、当局に寄せられています。そのほか、今回の清原被告の逮捕につながる薬物情報を提供した関係者が、X氏の薬物情報もメールなどの具体的証拠とともに当局に教えたそうです。最近は海外などに渡航しているといい、当局はヤク(薬)抜きや捜査逃れの可能性もあるとみて、慎重に行動確認を進めています。万が一逮捕されたら、芸能界やテレビ界、音楽界などに大きな影響が出るのは確実です」(捜査関係者)

薬物関連の捜査当局といえば、東京では今回の清原被告を摘発した通称『組対5課』こと、警視庁の組織犯罪対策部5課のほか、通称『マトリ』こと関東信越厚生局麻薬取締部の2つが存在する。

「マトリは何年も前から清原被告の内偵を進めていただけに、警視庁組対5課に清原被告の逮捕をもっていかれたことで、相当悔しい思いをしているようです。それだけに、マトリとしては、『次に大物を摘発するのは我々の番だ』という思いが非常に強い。それだけに本気になっているマトリが、X氏を本気で追い詰める可能性が高まっているのです。マトリは著名人を長期間にわたってマークして、虎視眈々と狙って一発必中で逮捕するのが得意ですからね」(同)

“その日”は意外に近いかもしれない。

【画像】

※ hamazou / PIXTA