有村架純『ひよっこ』続編決定にナゼか「落胆の声」が上がるワケ

有村架純 

(C)まいじつ

女優の有村架純がヒロインを務めたNHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の続編が作られることが決定し、ネット上では賛否両論が飛び交っている。

『ひよっこ』は、有村架純演じるヒロイン・前田みね子が“金の卵”として上京し、仲間たちと励まし合いながら仕事や恋愛に奮闘する姿が描かれた作品で、平均視聴率も20.4%と高視聴率を記録した。NHKにはかねてスピンオフや続編の要望が寄せられていたというが、そんな視聴者の願いが通じ、来年3月に30分×4回で放送されることになった。

しかし、ドラマ通のネット民からは「もはやドラマの内容覚えてない」「特に不満なく見てたけど、続編やって盛り上がるの?」など、一般視聴者からの要望とは裏腹に、まさかの“塩対応”が広がっている。

「朝ドラの続編は、過去に主演の田畑智子が続編を熱望したことで『私の青空2002』が放送されたことがあります。また国仲涼子主演の『ちゅらさん』(2001年上半期)は、平均視聴率22.2%とかなり人気が高かったこともあり、最終的に続編が4まで制作されました。基本的には視聴者の要望の高いものが続編として検討されますが、実際は“スピンオフ”の方が自由に制作できる分、作られた本数が上回っています」(エンタメ誌記者)

 

『ひよっこ』よりも『あまちゃん』!

実は、ネット民が『ひよっこ』の続編を素直に歓迎しないのには、理由があるという。

「ネット上では、今でも『あまちゃん』(2013年上半期)続編への期待がかなり高いのです。待ちわびているファンにとっては『ひよっこ』の続編はどうでもよく、有村架純が演じるドラマなら、天野春子役で出演した『あまちゃん』を見たいというのは本音でしょう。しかし、主役の天野アキを演じたのん(当時・能年玲奈)は、その後、所属事務所からの独立問題で一騒動あり、今現在も、完全に復活したとはいえません。正直、続編はかなり厳しいでしょうね」(同・記者)

それならばスピンオフ作品ならばどうだろうか。のんが登場しなくても、劇中でローカルアイドルとして復活した、橋本愛演じる足立ユイをメインにしてもできるはずだ。

2011年の震災以来、東北地方も徐々に復興を遂げている。「三陸の元気な姿をドラマで見てみたい」という声もかなり多い。NHKの粋な配慮に期待したい。

 

【あわせて読みたい】