汚なすぎ!『サザエさん』中島の「テスト必勝法」に視聴者ドン引き

(C)alexkich / Shutterstock

10月14日に放送された『サザエさん』(フジテレビ系)で、磯野カツオのクラスメイト・中島が自身の “ジンクス”を公開。しかしその手法に対し、視聴者からは「ヤバすぎる」という声が上がった。

この日放送された最初のエピソード『中島くんは百点王』にて、テストで見事100点満点を獲得した中島。謙遜する中島にカツオが勉強法を聞くと、中島は「ジンクスを守ったんだ」と勉強の成果ではないことを明かす。

カツオが重ねて尋ねたところ、中島から返ってきたのは「テストの前の日はお風呂に入らないことにしてるんだ」という返答。続けて、「お風呂に入ってリラックスすると緊張感が無くなって、せっかく覚えたことがお湯で流されてしまいそうだからね」と驚きのジンクスを告白した。

 

結局意味がなかった不潔なジンクス

これを聞いたカツオは、「そうなのか… 僕はテストの前日に1時間以上お風呂に入ってたよ」「僕の知識は全てお湯で流れちゃったんだ」と、今までの行いを素直に反省。帰宅後家族に話したところ、なんと波平が「多少不潔でも、ワシはカツオのいい点数が見たい!」と後押し。そこでカツオは、風呂に入らないまま就寝することにした。

しかし翌日学校へ行くと、テストの日を1日間違えていたことが判明。その晩、磯野家では「さすがに今日は入るべき」との意見も出たが、波平がまたもカツオをアシストし、結局カツオは風呂に入らなかった。

テスト当日となる翌朝、カツオは中島と一緒に登校したが、中島はテストがあることを直前まで忘れていたよう。「ゆうべうっかりお風呂に入っちゃったんだよ…」と自信を失くしたままテストに臨んだが、結果はカツオより10点も高い点数だった。この結果を受け、「ジンクスに意味はない」という結論に達した磯野家。結局カツオは、2日間不潔な状態で過ごしただけだった。

この不思議なジンクスに、ネット上では

《きたなっ!》
《不潔だろそれは》
《そこまでしていい点取りたいか…》
《発想がヤバすぎる》
《体がムズムズして集中できなさそう》
《真似しなくていいだろこれはwww》

といったツッコミが続出。そもそも波平も、なぜこのジンクスがイケると思ったのだろうか。

 

【あわせて読みたい】