田中みな実『グラビア』再び!? 打倒「カトパン」の動きとは

田中みな実 

(C)まいじつ

フリーアナの田中みな実が、来年初めにも再びグラビアヌードを披露するとウワサされている。

まだ今年が終わったわけではないが、最近の田中に少々物足りなさが感じられるのは事実。一昨年10月より情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)のMCを連日務めているが、あまりユニーク性のある話は伝わって来ない。

「MCの番組は東京ローカルの情報番組。1時間で一般の話題を紹介して、町ネタもやり、お天気や企画ものもやる。そんなタイトな内容で、時事討論する場でもない。だから何でも表面だけサラッと流すだけの内容。みな実も10月でちょうど2年。覇気も感じられません。完全に下降線です」(女子アナアイター)

昨年、田中は一部女性誌でセミヌードを披露。華奢な外見からは想像できない女性らしい胸の豊かさもあってか大きな話題となった。

そんな田中は、かつて「ライバルはカトパン」と言っていた時代もあったが、どうも上昇機運に乗っていない。この10月にはネットWEB限定でボディーローションのCMに出演したが…。

「白の薄いタンクトップのようなものを着て胸元を見せているシーンは、ともすれば直前の入浴シーンより官能的で、WEBだけじゃもったいないほど。彼女としては、また話題が欲しくなったのでしょう。正直、見られることの少ないMXの番組司会に飽きたのだと思います」(グラビア雑誌編集者)

 

「カトパンなのよ、結局」

そんな中、みな実は注目の発言もしている。10月13日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『田中みな実 あったかタイム』で、「下着はいいけど、水着はやらない」と仕事へのこだわりについて語った。

「みな実は、この日のゲスト、フリーアナの近藤サトに対して『下着はいいんだけど水着は嫌だ』と発言。その理由は『水着は男性誌だから』。でも『ファッション誌やビューティー誌で、女性が見ても“いいな”と思えるものならいい』としています。みな実は少々勘違いがあるようです。セミヌードの号だって、読者の6割以上は男性が買ったといいます。この日、みな実は、フリーになろうとするアナウンサーが目指すのは『カトパンなのよ、結局』と愚痴も言っていました。そんなこと言ってないで“男性誌”に出てカトパンを凌駕してほしいですね」(同・編集者)

男性誌で水着披露なら、またすぐに「ライバルはカトパン」と言えるようになるはずだ。

 

【あわせて読みたい】