福山雅治&吹石一恵夫妻に急浮上した早すぎる「離婚説」の要因

この事件の際に福山は不在で、侵入者はたまたま帰宅した吹石と鉢合わせし、逃走した。

「5月17日に一部で報じられて発覚しました。吹石は空手の有段者であるため、気丈に撃退した可能性もありますが、侵入者の女性は福山のストーカーである可能性もある。福山には似たようなストーカーのようなファンが多い。吹石は結婚以来、さまざまな脅迫やこの種のイレギュラーな“襲撃”に耐え続けてきたのですが、今回ばかりはさすがに堪えたらしく、周囲に『正直、もう雅治さんと一緒にいるのが怖い』と離婚をほのめかしているようなのです。今後もこの手の被害が続くようならば、現実的に破局せざるを得ないかもしれません」(知人)

さらには、こういった被害の他にも吹石の心が安まる時間が少なくなってしまっているのだという。

「福山は異常に警戒心が強いため、外出時などは吹石と共に二人だけで絶対に移動しない。そのため、外食もままならない。吹石は、そんな窮屈な生活に疲れ始めており、『結婚する前のほうが楽しかった』などと、離婚願望とも受け取れる愚痴をこぼし始めています。そして、子供が欲しい吹石に対し、福山は女性人気を維持したいためか、子供をもうけることを拒否しているといいます」(芸能関係者)

福山といえば、現在放送中の主演ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)が予想していなかったほど低い視聴率になっており、第6話ではついに6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで落ち込んだ。

「途中で打ち切りもある危険な数字です。福山が主演すれば高視聴率になるという神話も崩壊し、吹石の悩みの種の一つにもなっているようです」(同)

悪い事柄が一気に起きすぎている。