島崎遥香『リーガルV』で再起をかけて「塩対応」卒業!

島崎遥香 

(C)まいじつ

元『AKB48』で女優の島崎遥香が、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)にゲスト出演することが分かった。島崎は高級クラブでアルバイトするホステス・峰島玲奈を演じるが、この役のために、銀座のクラブで酒の作り方や所作を勉強したという。

「島崎は過去に『マジすか学園』(テレビ東京系)など、数々のドラマに出演していますが、ゲスト出演やちょい役ばかりで、女優としての実績はほとんど無いに等しい。転機が訪れたのは、NHKの朝ドラ『ひよっこ』(2017年後期)で、牧野由香役を演じたことですね。これによって、お茶の間での認知度が一気に高まることに。しかし同時に、未熟な演技力にツッコミが入り、アンチが急増したんです」(芸能記者)

『リーガルV』出演の会見では、主演の米倉涼子と2ショットを披露したが、ネット上では早くもアンチのターゲットとなり、

《顔でかっ! 米倉涼子に公開処刑されてる》
《身長が低いのが致命的だよね》
《高級クラブにこんな奴いないだろ》
《ぱるる、AKB内では可愛かったけど、女優としてはなぁ》

といった批判的なコメントが飛び交っている。

 

心を入れ替えたぱるる

「さすがにブロードウェイでミュージカル『シカゴ』に出演した米倉と比べては、島崎がかわいそうでしょう。もっとも、『リーガルV』は今期のドラマの中でトップの視聴率を誇る人気番組。島崎にしてみれば、なんとしても女優としての自分をここでアピールしたいはずです」(同・記者)

かつてはファンに対しての“塩対応”が有名だったが、最近はまじめに演技の勉強をするなど、心を入れ替えているそうだ。

「今月12日から14日には、デビュー9周年を記念した初めてのファンクラブ旅行『島崎遥香Presents 九周年九州旅行!』を開催。参加費用は19万円と高額ながら、ファンと2ショットでカラオケを楽しんだり、気軽に写真撮影に応じるなど、かつてのそっけない態度は一切見られなかったのです」(アイドル事情通)

『AKB48』卒業後、ジリ貧の島崎にしてみたら、なりふりかまっていられないのだろう。果たしてドラマではどんな演技を見せるのか。今から放送が楽しみだ。

 

【あわせて読みたい】