橋本環奈『女優生命』の危機!もう「飽きた」と言われちゃう理由は

橋本環奈 

(C)まいじつ

「1,000年に1人の逸材」と謳われた橋本環奈に、女優生命の危機が訪れている。橋本は元々福岡のローカルアイドルだったが、2013年にそのルックスが注目を浴びると一気に知名度が上昇。女優、タレントとしてさまざまな個人活動をし、2017年のグループ解散以降は本格的に女優業へ進出した。

映画『セーラー服と機関銃-卒業-』やドラマ『FINAL CUT』(フジテレビ系)など、数多くの作品で主演やヒロインを演じてきた橋本。しかし視聴率や興行収入といった数字の面では思うような結果が出ず、自身の看板となる作品には未だ巡り会えていない状況が続いていた。

 

ルックスから想像できないコミカル演技もマンネリ気味

そんな中、橋本は福田雄一監督の実写映画『銀魂』(17年7月公開)に出演し、ついに女優として生きる道を見つけることに。

「『銀魂』で、鼻をほじる、嘔吐する、といった今までのイメージをぶち壊す体当たり演技をしたことが評価されたようです。福田監督はそれから橋本をお気に召したようで、『銀魂2』『斉木楠雄のΨ難』など、立て続けに橋本をキャスティング。現在放送中のドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でもヒロイン役として抜擢し、ずいぶん可愛がっていますね」(テレビ局関係者)

『今日から俺は!!』では、スケバン風メイクで80年代の不良を演じている橋本。コメディ女優として活路を見出したように見えるが、実はこうした“イロモノ”役の多さこそ、女優として伸び悩んでいる原因だという。

「福田作品でみせる橋本のコミカルな演技は、『かわいいのに意外!』『あの橋本環奈がこんな演技を!?』という“ギャップ”がウケているだけで、本質的な演技力の評価には全く繋がっていないのです。最近はコメディに出過ぎているため、『ハシカンの変顔もだんだん慣れてきた』『もう変顔しても笑えない』『結局演技力ないから、変顔もワンパターン。完全に飽きた』といった声が上がっています」(芸能ライター)

世間はそろそろ、橋本環奈の本格ラブストーリーを期待しているかもしれない。

 

【あわせて読みたい】