石川遼『長期低迷』の原因は…“切っても切れない”あの関係

石川遼 

(C)まいじつ

『ブリヂストンオープン』ゴルフトーナメントでも、石川遼はオトコになれず…。2016年8月以来となるツアー15勝目を狙ったが、4バーディー、2ボギーの69で回り、通算11アンダーの273で4位となっている。

「石川は『攻めきれなかった』と悔やんでいますが、もともとこのコースを苦手としている。次大会の『マイナビABCチャンピオンシップ』は、プロ転向後に初優勝を飾った縁起の良いコースでもあるので、次に期待ですね」(専門誌記者)

しかし、そう易々と希望を口にできる状態でもない。「攻めきれなかった」のにはワケがある。苦手な「ティーショット」を一向に克服できていないのだ。

これは、昨季、米ツアーに残留できなかった原因でもある。その苦手を巡って、「アノ議論」が再燃しつつあるという。

 

切り離せない親子関係

「石川のお父さんですよ。石川は幼少期から父親にゴルフを習ってきました。その父子二人三脚の関係は今も続いていて、ゴルフ場の買収などのビジネスにも発展しています」(スポーツ誌記者)

しかし、石川の父親は素人であり、レッスンプロではない。この父子関係については10代のころから指摘され、「信頼できる先輩プロに学んだほうがいいのでは?」との声が幾度も上がったが、石川は聞き流してきた。

もちろん、勝っているときは問題なかっただろう。だが、優勝からずいぶん遠ざかった今、「父親ではなく…」の声が再燃するのは当然だ。

「苦手のティーショットなんですが、スイングの途中で体が右に開いていくんです。その悪癖は本人も分かっているんですが、全然克服されないまま。自分で勝手にフォームを改造し、他のショットにも影響をしてしまう…そんな悪循環を繰り返しています」(関係者)

仲間たちは、父親が悪いとは直接言っていない。言葉を選ぶように、「父親以外に助言を仰いでみてはどうか?」と勧めているらしい。石川も勝利に飢えているのだろう。昨今では、そういった進言が出るたびに、ちょっと考えるような表情を見せるようになったそうだ。

27歳で「脱・父親」。オトコとして一本立ちできるかどうか、決断を迫られている。

 

【あわせて読みたい】