エロ上司!『中学聖日記』吉田羊の強引「キス」に視聴者ドン引き

吉田羊 

(C)まいじつ

10月23日に『中学聖日記』(TBS系)の第3話が放送され、有村架純演じる中学教師・聖が生徒の晶(岡田健史)と心の距離を縮めていくさまが映された。一方、聖の婚約者・勝太郎(町田啓太)に、上司・律(吉田羊)が無理矢理キスするシーンも。ドラマで相次ぐキスシーンや“エロ上司によるパワハラ”に視聴者から大きな反響が起こっている。

第3話では聖が務める中学校で「勉強合宿」が開かれた。合宿先で晶は他の生徒が聖の写真をネット掲示板に投稿しては「デマ」を流していることに気付き、殴りかかる。事情を知らない聖は晶を叱りつけるが、後に自分を守ろうとして他生徒に殴りかかったのだと知り、複雑な表情に。そして先輩で小学校教師の千鶴(友近)に「気が付いたら、(晶を)目で追って行ってる」と、恋愛感情に近い気持ちが芽生えていることを明かした。

次回予告では、聖と晶が海辺で2人きりになり、晶が「先生が好きです」と言いながら唇を近づけるシーンが流れ、禁断のキスシーンを示唆している。

 

吉田羊、町田啓太に強引なキス

一方、聖の婚約者・勝太郎は律とバーに行き、聖が浮気をしているのではないかと相談。すると交際相手と別れ、傷心だった律は、突然勝太郎のネクタイを引っ張り、顔を寄せキスをした。勝太郎は驚いた様子で、キスの途中も目を開いたまま。

律の強引なキスを「かっこいい!」と称す声がある一方で、婚約者でしかも部下である立場の勝太郎にキスをしたことに、

《最低だなこのエロ上司。パワハラだろ》
《勝太郎かわいそう。律はセクハラ&パワハラで訴えられろ》
《勝太郎。浮気だろそれ、最低だわ》
《もう登場人物全員気持ち悪くなってきた》

などと、嫌悪感を示す声が続出。

来週、聖と晶がもしキスをするのなら、今週以上に大荒れとなってしまいそうだ。

 

【あわせて読みたい】