視聴率急落!『獣になれない私たち』田中圭のクズっぷりに視聴者げんなり

田中圭

(C)まいじつ

10月24日にドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第3話が放送された。主人公・晶(新垣結衣)の恋人・京谷役を田中圭が演じているが、その役回りに「安定のクズ」「優柔不断」と批判の声が続出している。

この日の放送では、晶の後輩・上野(犬飼貴丈)が晶に好意を寄せていることが明らかに。晶は後輩の「気配」に気付き京谷に相談するが、「そいつのこと、好きにならないだろ?」とそっけなく確認しただけで、特に心配する素振りも見せなかった。

さらに第3話では、破局後も4年間京谷の家に住み着いている元カノ・朱里(黒木華)の「悪行」も発覚。京谷あてに届いた荷物を勝手に開け、商品をネットオークションで販売。得たお金でペットを買い、自室で飼い始めてしまう。京谷は驚くが、精神的に不安定な朱里に強く当たれず、家から追い出そうとはしなかった。

 

田中圭、菊地凛子とのキスシーンも

朱里を追い出せない京谷が、行きつけの店で晶に朱里の「悪事」を告白すると、2人はケンカに発展。その場に居合わせた呉羽(菊地凛子)は仲裁するが、事態は収束せず2人は店を離れることに。そこでタクシーに同乗した呉羽に、京谷は突然キスをされてしまう。第3話を通じて、京谷は終始うろたえ、おろおろする優柔不断な様子が続いた。

この様子に視聴者からは

《どこにでもいそうなライトクズ男だな》
《私の大好きな田中圭がどんどんクズ化していって見てられない》
《1番クズなのは元カノ(黒木華)だけど、田中圭もしっかりケジメつけろよってイライラする》

といった批判的な声が続出。しかし一方で、他人に翻弄される役どころは、田中圭の出世作『おっさんずラブ』(テレビ東京系)と共通するものがある。ネット上では

《このクズっぷりが田中圭の真骨頂だと思う》
《田中圭だからクズでもまだ許せる》

といった声も上がった。

第3話の視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と下がる一方。果たしてここから挽回の余地はあるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】