三田友梨佳アナ“ミスター東大”被告を「ゴミを見るような目」でコメント

三田友梨佳

(C)まいじつ

面識のない女性に性的暴行を加えたとして、強制性交等罪で逮捕・起訴されていたことが発覚した『ミスター東大コンテスト』出場歴を持つ東京大学の学生、稲井大輝被告。同事件は各局のニュース番組でも報じられたのだが、中でもフジテレビの三田友梨佳アナウンサーが強い不快感を表して話題になっている。

事件が起きたのは今年9月15日。稲井被告は自宅マンションに女性を連れ込んで犯行に及んだが、警察によってその日のうちに逮捕された。10月5日に起訴され、15日には保釈が認められた稲井被告。しかし警視庁の調べに対しては、「覚えていない」などと容疑を否認しているという。

フジテレビの『直撃LIVE グッディ!』は、この事件をトップニュースで報道。専門家として弁護士を招き、先日発生した『ミスター慶応コンテスト』ファイナリスト・渡邉陽太容疑者の性的暴行事件も絡めて、巨大なパネルを使いながら事件について解説した。

 

強くにじみ出るほど怒りをあらわに…

すると三田アナは、「被害者の立場に立ったら、悪質性が本当に高いものですよね」と深刻な面持ちでコメント。さらに番組で、稲井被告の過去の言動に触れ、他大学のミスコン出場者の容姿を論評していたツイートを紹介したところ、三田アナは怒りをあらわにし、「こんなこと書き込むのがカッコいいと思っているのか…」「とにかく品がない」と稲井被告を厳しく批判した。

視聴者の間では、番組中に三田アナが終始眉間にシワを寄せ、不快感を爆発させていた表情が注目を浴びている。なかなか見られない三田アナの表情に対して、

《ミタパンのゴミを見るような目、いいな》
《ミタパンのブチギレフェイスがツボった》
《死ぬほど気持ち悪がってる表情で笑ってしまった》
《めちゃめちゃキモがられていて草》
《ミタパンの軽蔑顔怖ええええ》

などといった声が上がっている。

「三田アナは渡邉容疑者のことを報じた際も、『人として最低ですよね』とブッタ切り、ひきつった顔を見せていました。三田アナのキレ顔は素晴らしいですが、こんな表情にさせる事件が起こらないことを祈るばかりです」(女子アナウオッチャー)

コメンテーターとしての素質も開花しつつある三田アナ。この路線で突っ走ってほしい。

 

【あわせて読みたい】