『黄昏流星群』中山美穂と藤井流星のラブシーンに「キモい」と嫌悪感

中山美穂 

(C)まいじつ

10月25日にドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)の第3話が放送された。不倫に手を染める佐々木蔵之介と黒木瞳、中山美穂と藤井流星の人間関係を描く同ドラマ。黒木は変わらぬルックスが絶賛されている一方で、良妻賢母を演じる中山は過去のスキャンダルが災いしたのか、視聴者から叩かれる状況が続いている。

関連会社への出向を言い渡された銀行支店長の完治(佐々木)。家族に言えず黙っていたところ、妻・真璃子(中山)が秘書の薫(本仮屋ユイカ)から出向を知らされ、何も相談されなかったことに大きなショックを受けてしまう。そんな中、娘・美咲(石川恋)の交際相手・春輝(藤井)に、離婚を考えていることがバレるのだった。

一方、完治は、出向先で働いている女性・栞(黒木)と仲を深めていく。社内では周りの目を気にしてよそよそしく接するが、社外ではデート。ドラマ終盤では、ついに栞から完治に抱きついてキスをした。

 

中山美穂と藤井流星の不倫がキモすぎる

第3話では、真璃子が夫の出向を春輝に打ち明けて相談していたが、娘の交際相手に2人きりで会ったことに批判が続出。

《蔵之介より、圧倒的にミポリンの方がタチ悪いよね》
《同じ不倫でも中山美穂と流星くんの関係は1ミリも理解できない》
《娘の彼氏に色目を使っているようにしか見えない。なんで2人きりで会おうとするんだか…》
《こんな母親最低だわ。娘の彼氏に愚痴るって、娘知ったらブチギレでしょ》
《登場人物の誰にも共感できないドラマだね》

といった声が上がっている。また、涙を流す真璃子の頬にハンカチを当てて慰めていた春輝にも、

《彼女の母親にこんなことするか!?》
《彼女のお母さんの涙拭くとかキンモー!》
《この彼氏もだいぶキモいぞ》
《なにこの彼氏、マザコンなの?》

といった批判が。

誰からも理解を得られない2人の愛。ある意味これから目が離せない。

 

【あわせて読みたい】