リアル“スーパー変形ロボット”が『フランクフルト空港』に現る!?

 

これはドイツのフランクフルト空港で旅客機の着陸シーンを撮影した動画だ。一見普通に見えるが、この後「とんでもない事態」が起こったため、再生回数が実に580万回を超える大ヒットを記録した。まずはこれを見て頂こう↓

 

ウギャー!! 着陸直前に旅客機が突然バラバラに分解し始めたではないか!!  墜落する! と、思いきや……

 

なんと巨大ロボットだ! こんなのあり得ないだろ…… しかも両手を組んで踊っていやがる!

 

このあとロボットが背中を見せて逃げ始めた為、もっと近くで撮影したいと思ったのだろう。撮影者は慌てて滑走路まで走る。すると…

コイツ! 新聞を読みながら便器に座っていやがった!

 

精巧なCGか特撮かそれとも……

いやはや、何ともコミカルなオチが付いたが、これを撮影したのは『マイケル・シュミット』というユーチューバーで、殆ど何の説明もなくこの動画がアップされたため、事の真偽などは一切不明だ。しかもユーチューブにアップされている動画はこれ1本のみという。

ネットユーザーからは「完全に偽物だ!」「人騒がせな動画だな」という否定的な意見がある一方で「リアルトランスフォーマーだ!」「実に素晴らしい!」などと、手放しの賞賛も相次いでいる。

実際ここまでリアルだと一概にフェイクだとは言えなくなる。もしかすると映画『トランスフォーマー』のように“トランスフォーム能力のある宇宙人“がずっと以前から地球に入り込み、何に食わぬ顔で世界中の“あらゆる機械“に化けているのかも知れない。

その目的は分からないが、彼等の中に“お茶目で陽気な奴“が居るのは確かなようだ。

 

実際にその目で見て判断していただきたい。

 

 

【画像】

Aisyaqilumaranas / Shutterstock

【あわせて読みたい】