成宮寛貴『相棒』回想シーンに登場で「芸能界復帰」にまた近づく!?

成宮寛貴 

(C)まいじつ

2016年末、週刊誌での報道がきっかけで芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴。いまだに引退を惜しむ声が根強い彼に、「芸能界復帰」のウワサが浮上してきた。

同年発売の写真週刊誌『FRIDAY』により、過去に違法薬物を使用したと報じられた成宮。本人と所属事務所は薬物鑑定も行った上で同報道を否定するも、成宮は《これ以上、自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません》との声明を発表し、報道から1週間というスピードで文字通りの“電撃引退” を遂げた。

急な引退は各所にも影響を及ぼし、当時出演が決まっていたドラマや起用CMはすべて降板。甲斐享役で2015年3月まで出演していたテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』シリーズは再放送も危ぶまれたが、こちらは引退以降も引き続き行われることとなった。

 

意味深シーンの挿入で“ピンときた”業界

すると、去る10月24日、この日に放送された『相棒 season17』第2話の回想シーンに、成宮演じる甲斐が登場。不意を突くシーンにネット上は歓喜に包まれ、成宮の変わらぬ需要を印象付けることに。

さらに業界では、今回の成宮登場シーンは「芸能界復帰」への布石だとウワサされている。

「まず成宮演じる甲斐は、出演シーズンの最終回に罪を犯して逮捕されるという衝撃の展開で物語から退場。一方、今回の放送では、甲斐の父で警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)が、犯人に対して『再チャレンジすることを勧めたいと思う』と諭すシーンがあった。直後に峯秋が、逮捕された息子・甲斐を平手打ちする回想シーンが挿入されており、何とも意味深な構成。業界では“復帰への伏線”だとすぐ話題になり、水面下ではさまざまな計画が動いているようです」(芸能ライター)

当の成宮はというと、引退から8カ月経過した昨年8月に、休止していたインスタグラムを再開している。最近は日常の様子をアップしてファンを喜ばせており、確かに復帰に向けた足掛かりは築きつつあるといえるだろう。

引退後も多くの人から愛されている成宮。復帰のXデーはいつになるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】