アイドル史に残る会話?『鉄腕DASH』悲しき独身トークが大反響

城島茂

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月28日に放送された『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)に、『V6』の坂本昌行が出演。同世代に当たる『TOKIO』の城島茂と2人で漁に挑戦した。ロケ中、2人が披露した独身ならではの悲哀なトークが話題となっている。

この日から新企画『初モノDASH』がスタート。旬の季節物をいち早く手に入れようと奮闘する企画で、初回は2人で北海道の大樹漁協を訪問。秋サケの初物を得ようと船に乗り、焼いたサケの切り身や北海道名物「ちゃんちゃん焼き」を食べるなど初モノを満喫した。

サケの漁では、早朝に網を設置してからいったん漁港に戻り、しばらくしてからかかったサケを引き揚げる。

 

独身に焦る2人のリーダー

そこで、いったん漁港に戻った城島と坂本は2人部屋で時間をともに。布団の上でくつろぎながら城島は「V6って4人だもんね、既婚者」と切り出した。うなずく坂本に向かって、城島は起き上がり「実家のお母さん、何か言ってくる?」と質問。「結婚どうなん? って…」と続ける城島に、坂本は「言ってくるよ…」と悲しげに答えた。

城島も実家から同様の「プレッシャー」を受けているようで、坂本の発言に安心した様子を見せる。しかしお互い47歳にして独身であることに引け目を感じているのか、2人は会話の後に笑いながらうなだれた。

会話の後、城島はストレッチをしながら、北海道ロケの後のスケジュールを確認。だが、「月曜日はテレビ朝日のロケで、火曜日は…」と言葉に詰まり、「(翌週火曜日の予定が)出てけえへん…」と嘆く。城島と坂本はまたしても笑いながら布団の上でうなだれた。

普段会話に出ることがない「独身トーク」に、視聴者からは

《あの切ない会話ってジャニーズのみならずアイドル史に残る貴重なものだ》
《アイドルグループのリーダー同士なのに会話が切ない》
《悲しい会話だけど、しみじみしていて面白いからいい》

といった声が上がっていた。

坂本はメンバーに先を越され、城島は山口達也元メンバーの事件で心労が重なった。早く結婚して幸せが訪れるといいが…。

 

【あわせて読みたい】