驚き!『SUITS/スーツ』と『東京ラブストーリー』のそっくりシーンとは

織田裕二  鈴木保奈美 

(C)まいじつ

織田裕二、鈴木保奈美らが出演するドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)の第4話が10月29日に放送された。

その中で、かつて同じ時間帯で2人が主演した人気ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)を思わせるシーンがあったと話題になっている。

第4話のラストシーンでは、弁護士事務所の所長である幸村(鈴木)が1人で屋上にいる時、ふと弁護士の甲斐(織田)がやってきた。

そこで幸村が「年をとればとるほど、人に言えないことが増えてくるような気がする。若い頃は素直に言い合っていたようなことでも胸の奥にしまって……」と、自分の心境を漏らす。

 

「東京ラブストーリーでよく見たシーン」と視聴者指摘

この会社の屋上で語り合うというシーンは、『東京ラブストーリー』でよく見られたもの。さらに今回のセリフは、2人が若い頃に演じた同作品において、自由奔放な女性のリカ(鈴木保奈美)がカンチ(織田裕二)に素直に感情をぶつけ、時には2人でケンカをしていたものを匂わせていると視聴者は感じたようだ。

ツイッターでは、

《最後の屋上のシーンは、なんか東京ラブストーリーの最終回を思い出してしまった》
《東京ラブストーリーの最終回のオマージュじゃないか!》
《鈴木保奈美のセリフ、東京ラブストーリーとの対比が素晴らしい。カンチとリカは大人になったのね》
《少しずつ東京ラブストーリーの要素を入れるよな》

といった声が上がっている。。

『SUITS』は視聴率が下落傾向にあり、初回は14.2%、第2話11.1%、第3話は10.3%ときて、ついに第4話で二ケタ割れの8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となってしまった。

とはいえ、今回の織田と鈴木のやり取りは大好評。二ケタ復帰するのはすぐかもしれない。

 

【あわせて読みたい】