あの“黒岩くん”が笑った!『中学聖日記』舞台裏ショットにファン安堵のワケ

有村架純

(C)まいじつ

視聴率が悪いながらも、インモラルな内容が話題を呼び、大反響を呼んでいるドラマ『中学聖日記』(TBS系)。

中でも、同ドラマで芸能界デビューした岡田健史には、ひときわ大きな注目が集まっている。

19歳の岡田は、オーディションを勝ち進んでドラマ出演権を獲得。芸能界デビュー直後にプライムタイムのドラマで二番手の位置で出演するという、異例の大抜擢を果たした。

岡田が演じているのは中学3年生男子の黒岩晶。有村架純演じる教師、末永聖を好きになってしまい、少年特有の不器用で素直なアプローチをするさまがドラマ視聴者にウケている。

しかし一方で、「黒岩が怖過ぎる」「自分を制御できない少年が女性教師に迫るところは軽くホラー」「普通にストーカーだし、視線もウツロで、黒岩からは狂気を感じる」「黒岩は性欲に支配された少年という感じ。性獣・黒岩の物語として見てます」などといった声も多く上がることに。

 

無邪気な笑顔が和ませる

そんな中、10月29日に『中学聖日記』の公式インスタグラムが画像を投稿。それは、岡田が無邪気な笑顔を浮かべている撮影裏の1枚であった。

この投稿に対して、ネット上では、

《こういうオフショめちゃよきです》
《黒岩めっちゃ笑顔!!ギャップ最強だ!》
《黒岩くんこんな表情するのねー》
《黒岩くんカワイ過ぎやろ。本番でこんなに笑うシーンないですもんね》
《黒岩くんドラマで見れてない笑顔!》
《この黒岩くんヤバ過ぎます》

などといった声が続出。

ドラマでは常に無表情もしくは怒っており、怖い印象を与えている黒岩。それだけに、このショットは視聴者を大いに和ませたようだ。

 

【あわせて読みたい】