『嵐』松本潤、葵つかさは「セフレじゃない」で評価が急騰!?

松本潤

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

何かと問題のジャニーズ事務所だが、今、『嵐』の松本潤が急激に評判を上げている。

これまで松本というと、俳優としてそれなりの評価は得ていたが、全体的な人間像は見えないところもあった。

「仕事では、あまりたたかれることがないのは確か。櫻井翔の司会のヘタさ、相葉雅紀の演技のひどさはつとに有名。大野智は司会も演技もダメで、この3人のレベルは低過ぎ。相対的に二宮和也と松本は、実力以上によく見える。ちょっと得なところはありますね」(ジャニーズライター)

松本とともに俳優の評価が高い二宮は、現在フリーアナの伊藤綾子と交際中。結婚目前とされ、『嵐』の中ではファン離れが加速している。

「二宮は日本テレビの『news every.』『VS嵐』で、わずか二度、一緒に仕事しただけで伊藤と付き合い始めるという手の速さでヒンシュクを買っている。彼は、かつて長澤まさみ、佐々木希との同棲現場を押さえられ、伊藤で三度目。いくら何でも、もうファンは信用しませんよ」(同・ライター)

 

交際復活で妙に男を上げる

では、松本の素行がいいかというと、そうでもない。

「女優の井上真央との交際は長く、結婚目前と見られていた。ところが1年以上前に話がプッツリ切れて、いつの間にか雲散霧消。その間にセクシー女優の葵つかさとの交際が浮上。一度別れた後、葵に変態癖をバラされたりもした。ところが松本は葵とのヨリ戻しを懇願し、交際復活。井上とは不透明のままで、注目は葵に移ったのです」(女性誌記者)

松本は葵にフラれた後、「どうしても会いたくなっちゃう」「忘れられない」と泣き付き、交際を見事に復活させたことも明らかになっている。

「葵との復活は、単なるセフレではなかったことのアピールにもつながった。それがファンの間でも評価されたのです。松本は井上との関係をウヤムヤにしているにもかかわらず、葵との交際で妙に男を上げた格好です」(同・記者)

松本は昨年、ジャニー喜多川社長に事務所の演出責任者候補として名指しされた。さらに今年7月、西日本豪雨で被害を受けた広島県と愛媛県を1人で訪問。知事に義援金目録を手渡すなど、事務所は松本だけを妙にプッシュをしているフシもある。

「結局、演出担当には滝沢秀明が引退して就くものの、松本は表向きの実動隊である俳優部門でトップになる可能性大。つまり木村拓哉を抜き、ジャニーズの演者一番手が松本ということです。滝沢新体制では、彼より年上は、みんな閑職へ追いやる方向。松本は2歳年下だからセーフ。松本にはすごい追い風が吹いており、葵と結婚すれば、それこそ美談だらけになるはず。滝沢とは仲がいいとは聞きませんが、今はネコをかぶるはず」(同)

葵サマサマだ。

 

【あわせて読みたい】