ついにキス!? 中山美穂『黄昏流星群』の淫ら過ぎる展開にドン引き

中山美穂

(C)まいじつ

11月1日に放送されたドラマ『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした』(フジテレビ系)第4話で、中山美穂が『ジャニーズWEST』藤井流星とのキスシーンに挑戦した。さらに、佐々木蔵之介、中山、娘役の石川恋の家族3人全てが浮気をしていると明らかに。「気持ち悪い」と評する声は回を重ねるごとに増えている。

第4話で、父の滝澤完治(佐々木)は不倫相手・栞(黒木瞳)との関係をさらに深めていく。また、美咲(石川)の婚約者・春輝(藤井)は完治のもとを訪れ、交際を報告したが、完治は厳しく春輝に質問を投げかけ、美咲から怒られてしまう。

一方、真璃子(中山)は春輝のことが“異性として”気になって仕方ない様子。春輝からキスされる夢まで見てしまった。さらに真璃子は、ひょんなことから春輝と2人きりで映画館に入ることになる。

 

「登場人物全員がキモい」中山美穂のバッシングも続く

そんな中、完治は栞と酒を飲み交わした後、ついにホテルに向かうことに。しかし2人でエレベーターに乗り込むと、老齢の男性(高田純次)に抱きつかれ、それに応じる美咲の姿があった。美咲と完治は目が合い、それぞれ“やらかしている”ことを知ることになった。

第4話では、娘まで浮気をしていると発覚した滝澤一家。ネット上では

《登場人物全員キモい。すさまじいドラマだ》
《どんどん展開がカオスになっていく》
《娘の相手が高田純次というのもすごいな…》
《共感できるキャラが1人もいない》
《禁断の恋を何個ぶち込むんだよ》
《アホみたいな設定になってきたな》

と呆気にとられた様子だった。あまりにも現実離れした展開だが、フィクションとしてはある意味これもアリかもしれない。

 

【あわせて読みたい】