清楚・可憐なイメージが…実は“元ヤン”疑惑のある美人女優たち

武井咲

(C)まいじつ

ドラマなどでは清楚な女性を演じているが、実は元ヤンキーだったと噂される美人女優は大勢いる。

有名なのは武井咲。ネット上では、学生のころに武井がヤンキーグループと写っている写真がそこかしこに流出している。

「一部の彼女のファンからは、『ヤンキーグループと仲がいいだけで、武井がヤンキーだったと限らない』といった擁護の声が上がっています。確かに、一緒に写っている武井の友達は派手な髪色ですが、武井だけは黒髪です。しかし、武井は中学1年生のときに『第11回全日本国民的美少女コンテスト』で入賞しており、そのころから芸能活動を開始。仕事の関係で髪の毛が染められないというだけで、『黒髪=ヤンキーではない』とはなりません」(芸能記者)

落ち着いている大人の女優、吉瀬美智子も実は元ヤンだったらしい。

「彼女は地元の福岡で有名なスケバンだったのです。中学と高校の卒アルには、気合いの入った写真がバッチリ納められていますよ。中学の卒アルの吉瀬は、当時流行った“聖子ちゃんカット”に、ヤンキーの象徴であった引きずるほど長いロングスカート。高校の卒アルでは、金髪のワンレン姿をバッチリ掲載。所属事務所は吉瀬のイメージを壊さないため、極力卒アルの流出には気を使っているそうです」(同・記者)

 

持ち前の演技力で元ヤン隠し?

清楚女優の矢田亜希子も、なかなかキツいヤンキーだったようだ。2003年の大ヒットドラマ『白い巨塔』(フジテレビ系)で演じたお嬢様役が板に付いていた彼女だが、その本性は役柄と真逆だという。

「地元の川崎で、矢田は有名な不良だったといわれていますね。別れた元俳優O氏とは“お似合い”だったのかもしれません。あの美貌ながら『軽い女』だったというウワサもあるので驚きますが、そもそも矢田は整形もしているらしいのです。ネット上で出回っている過去の写真は、どれも現在の矢田とはまるで違います」(同)

元ヤンの過去を見事に隠しているとされる女優たち。本当だとしたら、さすがは見事な演技力だ。

 

【あわせて読みたい】