衝撃映像!?『タイムトラベル』の決定的瞬間を防犯カメラが捉えた!

タイムトラベラーがタイムトラベル装置を操作し、一瞬で消えてしまう瞬間が防犯カメラに捉えられた。

その防犯カメラの映像がユーチューブにアップされ、オカルトマニアたちは「100%本物の映像だ!」と喜んでいる。

オカルト専門ユーチューブチャンネル『アペックスTV』の担当者は「アメリカのペンシルべニア州の倉庫で働く警備員が、この映像を電子メールで送ってきました」と説明する。

防犯カメラのモニター画面を警備員がスマホで撮っている動画だ。警備員は「タイムトラベラーがタイムトラベルするところが映っている」と証言している。動画では、黒いパーカーを着ているタイムトラベラーと思われる男性が、倉庫の裏手のベンチ周辺で何かを探しているようなシーンから始まる。周囲に気を配りつつ、丹念に地面を調べているようだ。

強い光が点滅する何らかの小さな装置を見つけ、手にすると光が強くなり、20回ほど点滅したところで突然、男性は消え去った。

 

モバイル・タイムトラベラー

あるオカルトマニアは「この映像は間違いなく本物だ。タイムトラベル技術は本当にあり、SFではないということを示している」と語る。別のマニアは「政府が隠していることはたくさんある。このタイムトラベル映像こそが、政府がタイムトラベルを隠蔽している証拠だ」と言う。

もちろん、懐疑的な意見も多数ある。「映像分析し、加工や編集の痕跡がないかを調べるべきだ」「こんな映像は簡単に作れる。騙される人が多過ぎることに驚いている」と話す人もいる。

タイムトラベルはタイムマシーンと呼ばれるような巨大な乗り物のような機械で行われるという証言が多いが、今回の映像では手のひらサイズの装置だ。未来では、こんな簡単にタイムトラベルできるのかと想像するとワクワクする。

 

【あわせて読みたい】