田中圭『獣になれない私たち』番宣をせず!テレビ局は諦めたのか?

田中圭 

(C)まいじつ

11月4日に俳優の田中圭がバラエティ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にゲスト出演。放送中のドラマ『獣になれない私たち』(けもなれ、同)の番宣かと思われたが、『けもなれ』をアピールする場面はほぼ皆無。視聴者からは「番組を宣伝する気がない」と指摘する声が相次いだ。

番組では、田中にとって俳優業に本格進出するきっかけとなったドラマ『WATER BOYS』(2003年、フジテレビ系)から、田中の俳優人生を振り返った。ドラマや舞台で120以上の役を演じ、『けもなれ』、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)にも出演したことを紹介した。

スタジオトークでは、MCの上田晋也が『おっさんずラブ』の「反響は大きかった?」と質問。「大きかった」と答えた田中は、今年に入って6クール分のドラマに出演するなど大忙しな近況を明かした。

 

田中圭、他局ドラマの撮影秘話を披露も『けもなれは?』

田中は最近も林遣都ら、『おっさんずラブ』のキャストと酒をともにすることが多いと明かし、エピソードトークを披露。同じく共演した吉田鋼太郎もVTR出演し、「イケメンではないが、人間としてのバランスが素晴らしい」などと称えていた。

『ぐるナイ』(日本テレビ系)の人気コーナー『ゴチになります!』にもレギュラー出演するなど、活躍の幅を広げる田中だけあって、視聴者からの反響も大きかった今回の放送。ただ、現在放送中の『けもなれ』の番宣がほぼなく、『おっさんずラブ』を想起させるトークが中心となったことに視聴者は違和感を覚えている。

《そういえば、『けもなれ』の番宣なのに『けもなれ』の話、全くしてないのでは?》
《冷静になって考えたら、田中圭って何でおしゃれイズム出たの》
《『けもなれ』のスタッフ的には番宣しないで大丈夫なのだろうか》

新垣結衣を主演に据えたものの、前話(10月31日)の視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に終わるなど、大苦戦している『けもなれ』。テレビ局はもはや、あきらめているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】