水卜麻美『女子アナはブリっ子で行け』発言に「アイドルと勘違い」と批判

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、11月2日深夜に放送された同局系バラエティー番組『犬も食わない~ディスり合いバトルコント~』で、女子アナ志望者へ問題発言をしたと話題になっている。

この番組は、現代社会にはびこる“犬も食わないケンカ”を、対照的な2人のキャラクターによるコントで見せて議論。今回はアナウンサー志望の「ミスコン出場女子」VS「脱ミスコン女子」がテーマで、女子アナ志望の両極端な女性についてのコントを用意した。

コントを見終えた水卜アナは、自身が女子アナを目指していたころを思い出して、「自分は死ぬ気で女子アナになりたかったので、アナウンススクールにいた事情通っぽい人の言葉に、『えっ、そうなの!?』とか(不安になった)」と当時を振り返った。

MCの『オードリー』若林正恭が「ミトちゃんが出現してから、(女子アナ志望に)“ミトちゃんルート”が開通したらしいよ?」と振ると、水卜アナは「うれしいようで複雑な思いもある自分がいるんです。志望動機に『水卜アナウンサーよりいっぱい食べます』…。そういうことじゃないんだぞ!」と力説した。

続けて「次(流行が)来るのはミスコンの子だと思う」と私見を述べ、「女性アナウンサーはかわいい方がいい。ミスコンに出た後輩には『ブリブリでかわいく行け』って言っています。『何ぶりっ子してんだよ』って言われても、そのかわいさを貫いた方が絶対面白いって言いました」と、後輩に助言していることも告白。

 

今更だが女子アナはタレント

この水卜アナの意見にネット上では、

《水卜アナいいな~。かわいいを貫けってその通りだわ》
《女子アナの先輩が言うんだから、ぶりっ子路線はいいんだ!》

などという賛同の声がある一方で、

《ミトちゃんがそんなこと言っちゃダメ》
《主婦としての観点からいうと、ブリブリのアナウンサーは見たくないです》
《アイドルと勘違いしてるね》
《若さと見た目で媚を売る世の中はおかしい》

などといった反対の声も続出した。中には「彼女たちは、テレビ局というプロダクションに所属するタレントだと思った方がいいと思います」という意見も。

実際にタレント人気アンケート調査などでは、特に断りがない場合には女子アナの名前がランクインすることがままある。多くの視聴者はアナウンサーとタレントを同じだと認識しているのだろう。

水卜アナの発言は、アナウンサーのタレント化をさらに押すことになりそうだ。

 

【あわせて読みたい】