日テレ・桝太一アナ『鉄腕DASH』山口達也の後継者として抜擢か

桝太一 

(C)まいじつ

日本テレビの人気アナウンサー・桝太一アナに、同局の人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』新レギュラー起用説が浮上している。

11月4日、同番組は放送枠の1時間をすべて使い、人気企画『DASH海岸』を放送。同海岸に棲むメスのタコが産卵するまでの模様を、長期密着ドキュメントのような形で放送していった。

この企画は『TOKIO』の城島茂が担当したのだが、城島は泳げないため1人で任せるには心許ないという結論に。そこで、番組は水中カメラマンやダイバーといった強力な助っ人を用意し、ゲスト出演した桝アナは、潜水士免許所持の肩書を生かして城島をサポートすることに。

 

“適材適所”で枡アナを大胆配置!?

枡アナは期待にたがわぬ活躍を見せ、タコの産卵に適した岩の穴が砂で埋まってしまった理由を、「あの超大型で上陸した昨年の台風21号ですか?」と即推理。さらに、タコが卵からかえる瞬間を見届ける場面では、「よく出てくれた、よく生まれてくれた!」と感情を爆発させる優しさも披露した。

視聴者からも、

《海関連の回では無類の強さを見せるな》
《なんか最近桝アナの出番多くない?》
《環境保護がメインの番組だから、枡の役割がめちゃくちゃマッチしてる》
《久しぶりに面白い回だった》

などと大絶賛だった今回の桝アナ。こうした活躍や番組への貢献度は、“レギュラー”としてピッタリの人材だというのだ。

「ご存じの通り、同番組は山口達也の『TOKIO』脱退以来、難局に直面しています。山口は豊富な知識や技術力で『DASH島』や『DASH海岸』といった看板企画をけん引していたため、脱退により各企画の見どころやインパクトは激減してしまいました。しかし、桝は東大大学院で水生生物の研究をしていた知識を生かし、同番組に度々出演しては毎回大活躍。自社の局アナで使い勝手も抜群なため、番組の“頭脳担当”としての活躍が見込めるというわけです」(日本テレビ関係者)

果たして枡アナは、低迷が続く番組の救世主となるのだろうか!?

 

【あわせて読みたい】