『AKB48』選抜常連メンバー“全ケツ”解禁!ファースト写真集の“ケツ意”

『AKB48』『NMB48』元メンバー・梅田彩佳の、来月発売予定写真集の先行カットが一部メディアで公開され、Tバック状態の水着の大胆カットに、ファンは興奮と衝撃で騒然となった。

 

梅田がAKBに加入したのは、同グループ発足から3カ月弱がたった2006年のこと。第2期追加メンバーオーディションで見事合格し、大島優子や野呂佳代らとともに、チームKの一員として活躍した。

『会いたかった』など初期の楽曲では選抜メンバーにも選ばれていたが、一時はケガの影響で長期離脱も経験。復帰後は選抜総選挙などにも参加しており、第3回はカップリング曲のセンター、第4回と5回ではそれぞれ16位、19位とトップ20入りも果たしている。

その後はNMBへの移籍も経験し、16年にはグループからの卒業を発表。以降はソロタレントとして活動し、30代突入を目前とした今年12月5日にファースト写真集を出すことが決まった。

 

ファンもびっくりの「ほぼ丸出し」カット

そして発売まで1カ月を切った11月初旬。満を持して写真集の先行カットが公開されたのだが、中にはシャワーを浴びながら“Tバック状態”まで水着が食い込んだカットが。選抜も複数回経験したメンバーの大胆な写真に、ファンからは、

《どこ目指してるんだこの人》
《何で今さら? と疑問に思う》
《29歳で急にこんな脱ぎ仕事をするなんてどうなってるんだ》
《20代最後の記念に思い切ったな》
《脱いでほしくなかったって気持ちと興奮する気持ちが戦ってる…》
《全尻とはやるな》

などといった賛否両論の感想が上がった。

ここへ来て“大胆露出”へと踏み切った梅田の真意はどこにあるのだろうか。

「年齢も大台を迎えましたし、『これからは何でもやる』という決意の表れでしょうね。何せAKBを卒業したメンバーで、今も第一線で活躍しているのは川栄李奈くらい。あの篠田麻里子や板野友美でさえ、卒業後は仕事が激減して消えつつありますから、どんな仕事もいとわない覚悟をアピールして今後につなげたいのでしょう」(アイドルライター)

どんどん仕事がつながって、さらなる活躍を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】