有村架純が“ひょっこりはん”!『中学聖日記』舞台裏ショットに視聴者ほっこり

11月6日、TRS系ドラマ『中学聖日記』の公式インスタグラムが写真を投稿。かわい過ぎるショットが大反響となっている。

この日はドラマの第5話が放送され、有村架純演じる中学校教師・聖と、中学3年生の男子・黒岩晶(岡田健史)が離れ離れになってしまった。悲しい恋愛の結末に視聴者からは涙の声が続出したが、公式インスタグラムではドラマとは正反対のほっこり画像を投稿。

写真は、撮影スタジオのようなところで、学ランを着て仁王立ちしている岡田の後ろから、有村が“ひょこっと”顔を出しているというもの。

 

ほのぼのひょっこりはん

このツーショットにドラマファンからは、

《岡田くんかっこいいし架純ちゃんかわいい》
《待ってこれは、、、かわい過ぎなにこれ、、素晴らし過ぎて言葉が出てきません》
《ドキドキが止まらない。聖ちゃん小さくてかわいい。晶くんで隠れちゃうね》
《なんかもうお似合いに見えてしまう》

などといった歓喜の声が続出。さらに、有村のポーズについては、

《ひょっこり聖ちゃんかわいい》
《有村架純のひょっこりはんかわい過ぎる~》
《ひょっこりしたい。黒岩くんからひょっこりした過ぎる》

など、お笑い芸人のひょっこりはんのパロディーを喜ぶ声も上がった。

「『中学聖日記』は、初回視聴率が6.0%と大コケしましたが、その後は、6.5%、6.2%、5.4%、6.5%と数字をキープしており、ほとんど視聴者が離れていません。何かと言動が問題視される作品ですが、満足度はかなり高いと言えるでしょう」(テレビ誌ライター)

第6話は、3年後へ一気に物語が進行。視聴率はさらに上がっていきそうだ。