中山美穂の“ぶりっ子”演技にイラッ!『黄昏流星群』恋愛シーンにツッコミ続出

中山美穂 

(C)まいじつ

11月8日にドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(フジテレビ系)の第5話が放送された。佐々木蔵之介と中山美穂が演じる夫婦が、黒木瞳、藤井流星(ジャニーズWEST)とそれぞれキスする場面が描かれ、またもや反響が起こっている。

第4話までで、完治(佐々木)と栞(黒木)が不倫関係にあり、真璃子(中山)は春輝(藤井)が気になっていることが明らかになったほか、美咲(石川恋)が中年男性(高田純次)と関係を持っていることも発覚。視聴者は「家族全員が不倫するなんてクズすぎる」との声も上がっていた。

 

ホタルをつかむ演技が「不自然すぎ」と話題に

第5話では、完治、真璃子、美咲の3人家族が温泉旅行に出かけ、美咲の婚約者・春輝も同行した。宿の外で真璃子と春輝は2人きりに。セミが鳴く中、「この季節はホタルが出る」との春輝の誘いに乗り、散歩に出た。「美咲が幸せなら私も幸せ」と春輝との婚約を喜ぶ真璃子だったが、春輝は「本当?」と疑問を投げかける。真璃子は素直に「本当は無理してるかな。あの子の若さがうらやましい」と下を向いた。

そこで春輝が「真璃子さん…」と近づくと、真璃子は避けるように「ホタル!」と光っていない前方に駆け出し、ホタルをつかむふりをする。「今の時期にホタルなんているわけない…」と真璃子が一芝居打つと、春輝は後ろから駆け寄り、突然キスをした。

このシーンに視聴者からは、

《今日のホタルのくだり何なん?普通にキスすればいい》
《ホタルを捕まえるフリwww そんなぶりっこおばさんにキスする義息子www》
《いるはずのないホタルを捕まえようとするシーンに笑いが止まらなかった》
《あんな「エア蛍」の仕草を見て本当にキスしたくなるか?》
《中山美穂の蛍捕まえるシーンが臭すぎて下手すぎて…》

と、ツッコミが続出してしまった。

ネタとしてみれば、色々と楽しめる作品かもしれない。

 

【あわせて読みたい】