田中圭『不倫疑惑』これで二度目。本性は“けもの”だった「裏の顔」

田中圭 

(C)まいじつ

11月7日発表の『新語・流行語大賞』にもノミネートされたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)への出演で人気を博し、一躍時の人となっている俳優の田中圭。現在も『獣になれない私たち』の演技が話題となっている。

劇中のキャラや見た目の印象から「好青年」とのイメージが強いが、実はかなり危険な人格を秘めているようだ。

11月8日、小学館が運営するニュースサイト『NEWSポストセブン』は、田中の“違法賭博&不倫疑惑”を報道。記事によると、田中は都内にある雑居ビルの一室で「賭け麻雀」に興じ、その後、自宅付近の飲食店でタレントの内田理央と一般男性の2名と合流したという。

もし記事が事実であれば、賭博罪の疑いで逮捕の可能性もある田中の行為。しかし、これはたまたま明るみになった氷山の一角で、彼は過去にも数々の“クズ行為”に及んでいる。

2011年に元タレントのさくらと結婚した田中は、現在6歳と1歳の娘を持つ2児の父。しかし15年には、グラビアアイドルの西崎莉麻、時田愛梨と朝まで乱痴気騒ぎを起こしたことが写真週刊誌にスクープされた。

この騒動が影響してか、西崎、時田の2人は後に当時所属していた事務所を退所。時田は今年3月まで無所属として活動せざるを得なくなり、西崎に至っては現在もフリーでの活動を強いられている“バツが悪い”状態となっている。

また、今回スクープされた内田も『日テレジェニック2010』というグラビアコンテストの出身であり、田中の“スケベ心”が相変わらずであることがうかがえる。

 

いろいろとヤバいやつだった

さらに、11月1日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります!」では、さくらとの結婚を振り返り、「授かり婚だったんで、いろんな選択肢がいっぱいあった」「まだまだ仕事もしていきたいし、人気も欲しいし、もっとモテたいし、もっと遊びたいし」と発言。当時、結婚以外の道も考えていたことを明らかにした。

するとネット上では、「結婚以外に何の選択肢があるの?」「中絶も考えてたの?」など、田中に対する批判が続出することに。

人気の発端となった『おっさんずラブ』でも、田中は出演者同士が裏話を繰り広げる副音声で、“オラオラ系”なヤンキー口調のトークを展開。視聴者から「ドラマ内のキャラはいいけど、“中の人”はちょっと…」などの批判を浴びており、やはり「役柄」と「本性」は真逆だったと言えそうだ。

 

【あわせて読みたい】